にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

Olympusのアートフィルターのフレームが好きな方は・・・

2011年12月28日 00:00

自転車のある風景

自転車のある風景

Penax K-m, SMC DA18-55mmF3.5-5.6AL

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。また複数枚の掲載の場合、写真上の左右をクリックすると画面が遷移します。



Olympusのアートフィルターには本日の写真のような写真の外枠にオールドフォトっぽいフレームを付加する事が出来る。どうもこれが好きでたまらん!、と言うユーザーも多いようだ。

でもちょっと写真のキャプションをご覧頂きたい。ジェントルセピアにフレームを追加したような写真になっているが、カメラがPentax K-mである。もしかして付属の現像ソフトであるOlympus Viewer 2(OV2)は他社のデジタルカメラで撮影された写真も加工出来るのか?・・・。

OV2は確かに他社のデジタルカメラで撮影された画像をレタッチする事が出来る。しかし、それはあくまでもレタッチであり、現像処理ではない。残念ながらアートフィルターは現像処理の中に含まれる機能であり、他社カメラの写真では使えない。

ではどうやったか?。

これはPhotoshopでチョイチョイと作ったものである。正しくは海外のサイトからダウンロードしてきたエッジ、フレーム画像を読み込んで、それに写真を合成したものである。コラージュの一種と言っても良いのかもしれない。Olympusユーザーでなくてもこれくらいはお茶の子さいさいなのだった。

但し、これを行うにはPhotoshop(Elementsや旧バージョンでも可)に対しての基本的な知識を持ち合わせ、しかも検索エンジンから色々なキーワードで海外のこの手の専門サイトを訪れ、使える素材やプラグインなどをダウンロード出来、さらにそれらをPhotoshopで使えるようにするパソコンの知識も必要とする。

だから「Olympusユーザーでなくてもこれくらいはお茶の子さいさい」と書きはしたが、現像やレタッチ、はたまたパソコンの知識にうとい方にはハードルは高いかもしれない。そう考えるとOlympusのこのアートフィルター機能は誰でも簡単に写真をグレードアップ出来るので、素晴らしいものだと感じる。

とは言え、このOlympusのアートフィルターはフォトレタッチがカメラ内で自動的に施されるだけで、知識があれば、ドラマチックトーン、ポップアート、ジェントルセピア、そしてこの手のフレームをそれっぽくLightroomやPhotoshopで作る事が出来るのだから、やらない手はない。

そう、幾ら来春にOlympusのカメラを買ったとしても、上述した通り、アートフィルターはOlympusのカメラにしか使えないのだから、他社のデジタルカメラで撮影された写真も同じようなレタッチを施する事が出来れば、鬼に金棒である。少なくともブログに掲載する写真としてはこの手のレタッチは目立って強い。

ちなみに今回のフレームはonOne Softwareから素材をダウンロードしたもの。

ここはPhotoshopやLightroom用のプラグインソフト等を販売しているサイトだからPhotoshop、Lightroomをお持ちでない方には意味がない。お持ちの方は機能を削ったフリーバージョンが様々なプラグイン、素材が存在するので、それらをダウンロードしてみよう。

昔は好き勝手にダウンロード出来たが、今はメールアドレスなどを入力しないとダウンロード出来ないようになっており、得体の知れない海外のサイトにメールアドレスを知られたくないなんて方は残念ながら恩恵には与れない(ちなみにメールアドレスとパスワード以外の入力部分は全て嘘のデータでも大丈夫(笑))。

あとはパソコンとPhotoshopとLightroomの知識があれば、本日のような写真は1、2分で作る事が可能だ。下の写真も同じようにPhotoshopで作り上げている。


参考写真


参考写真


参考写真


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. ハッセルじいちゃん | URL | lalX43Vc

    この処理は自分でレタッチ出来る醍醐味ですよね。
    以前 他の方の、湿版写真のようなのを見て、shopでいろいろやってみましたが、未完成でした(^^;
    これからも カメラ内のフィルターに頼らず、ボケ防止?のためにも 頑張りたいと思っています。

  2. kenji | URL | tHX44QXM

    とても味わいのある写真群ですね

  3. BigDaddy | URL | -

    > ハッセルじいちゃんさん

    私は自宅でRAW現像したりレタッチしたりが苦ではないので、こういうお遊びをしますが、そうでない方にはやっぱり上述した通り、Olympusのこのアートフィルターは面白いし楽しいのでしょうね。

    そう言えば、湿版写真とはちょっと異なりますが、

    http://labs.wanokoto.jp/olds

    上のサイト、写真をアップロードするとどんな風景でも江戸時代にしちゃいます。ご存じなかったら一度試されてみて下さい。

    photoshopでも出来ない事はないのでしょうが(スクラッチを掛けたり、セピア系モノクロにグリーンを乗せるとそんな感じになります)、この上のサイトも誰でも簡単にこういう遊びが出来るってんで、人気あるようです。

  4. BigDaddy | URL | -

    > kenjiさん

    ありがとうございます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)