にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

声を掛けられる時・・・

2012年01月29日 00:00

芝坂

芝坂

Pentax K-5, Sigma AF17-70mmF2.8-4OS HSM

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。また複数枚の掲載の場合、写真上の左右をクリックすると画面が遷移します。



良く訪れるネコ(↑)さんのブログ、Photographic Engineer1月16日の記事、写真を撮っていたら扉から人が出てきちゃって・・・、そんなお話。

私もこの手の経験は多い。ある時・・・。

夕方に通り掛かった工場の敷地の先に解体中のビルを見つけ、望遠レンズを用いて写真を撮っていたら、ちょうど仕事を終えた工場の従業員が突然ゾロゾロと出てきた。

突然の事でビックリしたが、向こうもビックリしたようだ。私はその奥の解体ビルを撮っていても、そりゃぁ彼らからしてみれば、ドアから出てきた自分達が撮られていると思うのだから・・・。

でもその中で1人、察してくれた人がいた。「嗚呼、あっちのビルを撮っているのね」、それで皆、納得。ほっとした瞬間だった。

民家などを撮影していると家主と争い事になる事も多いが、そうなるともう単なる「力」の差でしかないので意外と簡単に話は進む。勝つか負けるかでしかない。厄介なのは話好きのオジサン、オバサンに出会っちゃった時・・・。

さて、東京の台地の際(きわ)を歩くのが好き。高低差があればある程、台地と谷あいでは町の風景が大きく変化する。昔から高台には金持ちが住み、低地には貧乏人が住む。この金持ちと貧乏のこれまた際(きわ)を見るのが面白い。

また、タモリではないが、坂道や階段に妙に惹きつけられる。それが本日の写真だ。この坂は凄い。個人的には今まで都内で見た坂で一番と言って良いだろう。ここは一本道でなく、谷から1本の急な登り坂があり、台地の中腹でYの字の二股に分かれる。

上の写真はその二股を左に折れたところ。ここを右に折れると階段になっている坂を発見出来、それが下の写真だ。階段と同じようにブロック塀も階段状に造られているのが見事だ。


芝坂(階段)


久し振りに納得出来る見事な坂だ。長く真っ直ぐ伸びる坂道も魅力的だが、このように二股に分かれたり(しかも一方は階段になっている)、九十九折れになっている坂、1枚の写真だけでは表現し切れない、消失点のある、つまり先が見えない坂、そんな風景の方がわくわくする。

さて、ここでようやくタイトルの「声を掛けられる時・・・」のくだりだ。この階段部分を撮ろうとカメラを構えた瞬間の事、いきなり横の玄関の戸がガラリと開いておじいさんが出てきた。私を見るや否や、「この階段、小結なんだ」と言う。最初は何のこっちゃさっぱり。小結坂とでも言うのか?。

聞くと、かつて東京の階段が番付された事があったらしい。なるほど、確かにこの階段は横綱、大関に次ぐくらいの趣がある。そこでもっと詳しくそれを知りたく、あり難く話を聞いてしまったのが災いした。延々と話が始まっちゃった。坂の言われや歴史等を解説してくれるのだったらまだしも、「秋になったら落ち葉の掃除が大変だ」、そんな世間話である。

すでにそこでの撮影を終えていれば、礼を述べてその場を後にしちゃうが、これから様々な構図で撮ろうって時に声を掛けられちゃったから始末が悪い。結局、そのおじいさんが満足するまで会話に付き合う事になった。時間にすればせいぜい5分程度だろうが、お散歩写真で5分中断されるってのは結構辛い。

その階段番付、調べてみるとSite Y.M. 建築・都市徘徊と言うブログにデータを見つけた。

うん、おじいさんの言う通り、東の小結だ。あの日暮里の夕焼けだんだんの次なのだから、坂、階段マニアでは相当有名なのだろう。

ちなみにこの番付を見ると、番付上位と知らないで歩いている場所が結構あった。東西の横綱の日枝神社稲荷参道、一葉の旧居跡、西の大関の愛宕神社出世坂、ここはもはや観光地化しているし、東の関脇の鼠坂は以前ポッポー鳩山邸から、とある巨大廃墟を訪れる際に偶然見つけたとんでもない階段だった。

まぁ私の場合、台地の際(きわ)を歩くのが好きだから、文京区、北区、荒川区ってのはホームグラウンドと言って良く、ここに記されている半分以上の階段を有名だと知らずに撮っていると思う。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. ハッセルじいちゃん | URL | lalX43Vc

    こんにちは~
    大阪の橋の番付は 中之島でみましたが、坂にも番付があったのですね。
    その事、タモリも知っているか 気になりますね。
    2枚目の写真 怪しげな雰囲気が漂ってますね。

  2. NINA 27 | URL | a.zAuhko

    風邪ですか?私も最近ボロボロなんで (ーー;)
    健康の有難さが身にしみる今日この頃です

    「撮ろう!」と思ったまさにその瞬間にドアが開いて人が
    でてくると、私の心はそれだけで萎えてしまいます…
    (シャッター押すのが あと 1秒早ければ…)とか後悔しながら
    すーっと後にする…(一度だけ、出てきた人がすぐに「好きなだけどーぞ」
    と言ってくれて安心したことあったかな?)

    東京の東の方が風情のある風景が残っているのを知っていても
    なかなか行くチャンスがありません 時間が欲しいー!

  3. BigDaddy | URL | -

    > ハッセルじいちゃん さん

    大坂には橋番付ってのがあるんですか。存じませんでした。
    タモリは確か坂だか階段だかの本(写真集&エッセイのようなもの?)を出版しているので、
    この手の番付は理解しているとは思いますね。

    この芝坂は本文の通り、二股に分かれており、色々な顔を見せてくれるようです。
    今度また撮りに行こうと思っていますよ。

  4. BigDaddy | URL | -

    > NINA 27さん

    そうですねぇ、熱が下がってからもうだいぶ経ちますが、未だに咳や鼻水が止まらず、体力も落ちきっている状態です。お互い、気をつけねばなりませんねぇ。

    「(シャッター押すのが あと 1秒早ければ」・・・、判りますねぇ。シャッターを押す瞬間って集中している事が多く、それが外的要因で止められちゃうと萎えちゃいますよね。

    東京の東、そうですねぇ、東京大学辺りから責めてみると良いかもしれませんよ~。あそこも台地のきわですから、根津、上野方面、もしくは本郷方面へと色々と楽しいですよ~。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)