にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

探究心

2012年02月04日 06:00

蔦ハウス

蔦ハウス

Pentax K20D, Tamron AF18-200mmF3.5-6.3II

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。また複数枚の掲載の場合、写真上の左右をクリックすると画面が遷移します。



一昨日の記事を踏まえ・・・。

短気で飽きっぽいから、同じ場所を日々記録する定点撮影は不向き、そんな自分だが、上手い具合に探究心は人並み、もしくはそれ以上にあるので、実際には何度も同じ場所に足を運んでいたりする。

一般に、同じ場所から写真を撮っても季節、天候に左右され、同一写真にはならないと言われている。そしてそれは余程季節、天候に恵まれない限り、己が100%満足出来る写真を撮れない、そう言い換える事出来ると思う。

自然なら春夏秋冬で丸で違った顔を持つし、街のスナップであっても光の加減によって、たった1時間の差で全く異なる風景になる事だってある。飽きっぽい性格であっても自分の撮った写真に満足しなければ探究心がある限り、より良い条件で写真を撮ってやろうと意気込む事が可能だ。

カメラマンはナルシストであるべきだが、ナルシストも度が過ぎると、どんな写真においても「俺って凄い」と満足しちゃう。そう考えるのでなく、ナルシストだからこそ「こんな良い写真を撮ったのだから、もっと条件が良ければさらに優れた写真を撮る事が出来るに違いない」、そこから探究心が生まれる。

探究心が無ければ一度撮影した風景をもう一度撮りたいとは思わないものだ。飽きっぽい性格だったら尚更。撮影中の喜びは新たな被写体を見つけた時よりも遥かに劣り、同じ風景を条件が異なろうが、何度もシャッターを押していれば撮影に対するモチベーションは大幅に下がる。

「撮影意欲」とは写真を撮りたいと言う欲求(モチベーション)と、自分の可能性への追求(探究心)の両方が作用する。良い風景へのファーストコンタクトではモチベーションが大きく上がっているからカメラを構えなくてもそこにいるだけで嬉しい。

でも二度、三度と同じ場所で撮影するとモチベーションは確実に下がる。経験によっておおよそどんな風景が写真に写るか理解出来てしまうからだ。だからこのマイナスに下がったモチベーションを、より良い写真を撮る為の探究心を持って上げてやる必要がある。上述した通り、それは自分の写真に対して常に不満を持っている事が重要なんだろう。

また運が良い事にカメラがデジタルに進化してから、カメラとレンズの性能によって写真の出来に大きな違いが生まれるようになり(描写力、解像度、レンズの味)、カメラやレンズが変わる度に違った写真になる。探究心が希薄でも、下がったモチベーションをプラスに転じさせてくれる。

常に最高級のカメラ、レンズを使わなくても良い。性能の悪いカメラ、レンズは解像度は低いだろうが、カメラマン特有のレンズの味に惚れる事もある。

30年以上前の、すでに周辺にカビが生えているSMCP24mmF2.8と言うレンズを持っているが、当然最新のレンズと比較したら描写力は劣る。しかし、そんなレンズでもそこは単焦点、ドンピシャリの風景に出会うと程好い像を残してくれたりもする。

何て言えば良いだろうか?。マニア度とでも表現しようか?。カメラ、写真とは機材への依存度が非常に高い趣味であり、常に最新の機材を使っているからと言って満足するものでもない。マニア度が深ければ古い機材に目を向けてしまう。それの究極が、今更ながらフィルムを利用するカメラマンなのだろう。

デジタルから写真にのめり込んだ若い世代のカメラマンの中にはフィルムの味わいに興味を示す者も多いらしい。またフィルムを使わないにせよ、その時代の古き良きレンズを愛用するカメラマンは多い。

そんなこんなで一昨日の記事では「自分は何の為に写真を撮るのだろうか?」と自問した訳だが、結局は、「自分への可能性の追求」って事になるんだと思う。

本日の写真は蔦に覆われた廃ビルである。ここまで保存状態の良い廃ビルは都内では珍しい。ここはPentax K20Dを買ってすぐに見つけた廃ビルで、本ブログでも過去に何度か掲載している。最寄には駅は無く、またバスを利用するにしても乗換えが必要。自転車を使うと1時間は掛からないが、そこそこの距離。

そんな面倒な場所にあるので、K20DとK-7を使って今までに三度の撮影を試みているが、カメラをK-5にしてからはまだ訪れていない。春になったらK-5とSigmaのレンズでもう一度撮影してやろうと思っている。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. ハッセルじいちゃん | URL | lalX43Vc

    蔦ハウス お見事! と云ってやりたいです。
    ここまでくると爽快な感じがします。

  2. BigDaddy | URL | -

    > ハッセルじいちゃん さん

    ホント、仰る通り、お見事な蔦ハウスでした。
    外階段を見つけたのですが、入り口がどこだか判らないし、窓も見当たらず、かなり怪しいビルです。
    これ、真夏の撮影ですが、蚊が凄かったです(笑)。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)