にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

痛みは和らぐが傷は残る・・・

2012年02月10日 00:00

火災現場に佇む猫

火災現場に佇む猫

Pentax K-5, Sigma AF17-70mmF2.8-4OS HSM

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。また複数枚の掲載の場合、写真上の左右をクリックすると画面が遷移します。



火事を面白がっている訳じゃないが、馴染みの風景だっただけに、本日もさくら新道のネタを書こうと思う。

このさくら新道の長屋、今まで全く気にして見た事がなかったから長い一軒家だと思っていたら、改めて航空写真を見ると四軒に分かれていた。

ほぼ南北に伸びていて、北側の最初の一軒はかなり怪しい寺院。推測でしかないか、宗教法人ではなく、個人が勝手に建てた寺院(もどき?)のように思える(詳しくは珍寺大道場 飛鳥山観音/東京都北区と言うホームページをどうぞ)。

ちなみに1980年代にはこの怪しい寺院の手前にも棟が存在していたようで、今は広場のような空き地のような妙な空間になっている。

そして二軒目から四軒目までが一階が店舗、二階が住居の長屋になっている。今回焼けたのは三軒目と四軒目の長屋。この二棟は全焼扱いとなるのだろう。だから運良く火が移らなかった二軒目の長屋のうち二つの店舗が今も営業していると言う。

このさくら新道は東京都の所有地との事で、調べてみると、借地権とは住んでいれば効力を発揮するが、そこに新たに建築する場合は地権者の承諾が必要との事で、東京都としては以前から立ち退き要求をしていた事から、今後さくら新道が新たに生まれ変わる事はないと思われる。現在営業中の二店舗に関してもいずれ立ち退き、代替案が出されるのではなかろうか?。

※だからこそゴシップとして陰謀説が・・・

「クリミナル・マインド」と言うFBIの行動分析チームを描いた海外ドラマがある。地上波でも放送されていたのでご存知の方もいらっしゃるだろう。このドラマは冒頭に必ず過去の著名人の格言が紹介される。

ある回で「時はすべての傷を癒すと言われているが、私はそうは思わない。傷は残るのだ。時が経てば、正気を保つために皮膚は新しい組織で覆われ、痛みは和らぐ。だが傷は残る。」と言うケネディ兄弟の母の言葉が使われていた。

さて、本日の写真だ。猫がこの火事を理解しているのか、感情が人並にあるのか知る術は無いが、以前からここに巣食っていた猫だと思う。そう、猫だってさくら新道の住民だったのだ。火災現場にじっと佇んでいたこいつを見つけて心が痛んだ。

今回の王子駅前のさくら新道の火災、この格言にピッタリかもしれない。住人、店主らは当然として、お店の常連、そして昭和風景を愛する懐古趣味のカメラマン、そして失火させた20代のアルバイトの女性店員、そしてこのニャンコ・・・。

阪神淡路大震災にしても表面上は復興したように見えるが、まだまだのところもあるらしいし、人の心は10数年では癒されないだろう。昨年の311の震災でも10年、20年後には見事な復活を遂げるだろうが、ケネディ母の言葉の通り、痛みは和らぐが、決して傷が消える訳じゃない。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. Syncopated_Frog | URL | -

    さらく新道

    こんにちは。

    失礼します。またコメントいたします。

    昨日、たまたま、なぎら健壱氏の写真集「町のうしろ姿」を見ていると、
    さくら新道の写真がありました。

    bar リーベ
    スナック 忍
    あんでぃら
    小料理 秀楽

    などの看板が写っていました。

    というわけで、
    さくら新道の焼ける前の姿を見ることができました。

  2. ハッセルじいちゃん | URL | lalX43Vc

    こんにちは!
    犬は人に懐き、猫は家に懐く と云いますが、ずばりそのものですね。
    此処で主人の帰りをじっと待っているのでしょう。

  3. vevey | URL | 8M.DHIiU

    ご飯ちゃんと食べているのかな?少々心配です。

  4. BigDaddy | URL | -

    > Syncopated_Frog さん

    なぎらさんはこの周辺、得意ですからね。私も1度だけ飲み屋さんで見掛けた事があります。彼、写真集出していたんですね、存じませんでした。

    アンディラが写っていたとなるとそこそこ最近の写真だと思います。恐らく5年くらい前の風景でしょう。ここは一番奥、南側の棟なので、残念ながら全焼です。今は確認した限り、炎症を免れた北側の棟で2軒だけ営業しています。

    さくら新道、このキーワードで画像検索を行えば、WEB上でも火災前、火災後、はたまた昭和時代のそれを見られると思います。

  5. BigDaddy | URL | -

    > ハッセルじいちゃん さん

    このさくら新道、台地にきわに存在しており、台地部分は飛鳥山公園と言う桜の名所なのですが、最近は存じませんが、数年前は、この周辺、猫だらけで餌やりも盛んだったのでしょうね。そしてさくら新道そのものに巣食っていた猫も何匹かいたので、まさに家に懐く・・・、なのでしょう。

    東京都と借地権でもめそうなので、倒壊の危険がない限り、当分はこのまま残るでしょうし、恐らく、さくら新道の猫達を知っている人も大勢いるようですから、猫達も当分は安泰かも知れませんねぇ。

  6. BigDaddy | URL | -

    > vevey さん

    私も最初は心配していましたが、周辺はさくら、紫陽花、都電の名所であり、この町は外様よりも先祖代々って人が多いようで、火事の件はみんな知っていますから、恐らくご飯を上げている人々はいると思います。


  7. cameranow | URL | .uPwujTU

    こんなこと言っては不謹慎かも知れませんけれど、
    この写真、なんとも言えないいい雰囲気で大好きです。
    胸がキュンとなりますです。

  8. BigDaddy | URL | -

    > cameranow さん

    ありがとうございます。

    確かに火災現場写真に対して褒めてしまうと不謹慎かもしれませんが、私もテレビでニュースを見た時は店主や住民は大変だろうなぁ、あの昭和風景がなくなっちゃうのかと心配&ため息が出ていましたが、いざ現場へ行くと、興奮して写真を撮っている自分がいます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)