にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

PentaxユーザーはRicoh GXRの拡張性に大いに期待するべき

2012年02月24日 00:00

江戸城凱旋堀

江戸城凱旋堀

Ricoh GXR, 28mmF2.5

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。また複数枚の掲載の場合、写真上の左右をクリックすると画面が遷移します。



そのカメラ、道具として価値があるか否か、それはカメラマン個々の思考によって大きく変化する。前回の記事で最新の小型のデジタルカメラについてあれこれ述べたが、本日は現行品でもシーラカンス的な存在のカメラ達に焦点を当ててみたい。

そもそも私が一眼レフでなく、コンパクトでもなく、その中間に存在するミラーレス、もしくはそれに似たカメラが欲しい理由はただ1つ。「お洒落に見える」からだ(笑)。

世界で一番カッコイイカメラはレンジファインダーカメラだと思っている。LeicaのMシリーズ、はたまたAFレンジファインダーカメラであるContaxのGシリーズ、CisinaのVoigtlanderブランドのBessa等、どれを見ても美しい。

Bessaのデジタル版であるEpsonのR-D1シリーズが手元にあれば自慢出来るのだが、これはあまりにもボッタクリ感が強く、欲しくても手を出せない状態にあり、結果、それに近い、無駄な出っ張りのある一眼レフでなく、限りなく長方形のミラーレスカメラをカッコイイと感じてしまう。

その中でもリーズナブルなのがOlympusのE-PL1s、E-PL2、LumixのGF2の3機種であり、どれもボディ本体にファインダーを持たないが外付けのEVFが装着出来る。EVFを付ける事で無駄な出っ張りが出来てしまうが、お洒落である事に変わりないと思う。

そして確か本ブログで年末くらいだったと思うが、春には(Lumixはボディに手振れ補正がないから)OlympusのE-PL1sかE-PL2を買う事になるだろう・・・、なんて書いた記憶がある。

でもそこに待ったが掛かった。昨年末、運良く最新のE-P3を使う機会があった。その際にOlympus E-P3レビューを書いたが、思ったよりも画質に難があった。

マイクロフォーサーズはAPS-Cセンサーよりも遥かに小さいから当たり前と言えば当たり前だが、ISO400くらいの感度でも無駄にノイズリダクションが掛けているのか、絵のようなノッペリとした像を作り出してしまう事もあり、これが結構気に食わなかったりする。

勿論、サブカメラとして使うのならE-PL1s、E-PL2はお買い得感が目茶高く、また全ての写真でノッペリする事もなく、世界中のOlympusユーザーは皆この画像を体験している、これに我慢している、それは事実だから目を瞑っても良い欠点でもあろう。

でもそれならRicohの今後の可能性を考えたいところ。Ricohは近い将来、GXR用にPentaxのKレンズが装着出来るKマウントユニットを作って来るだろう。実際に今年のCP+では公式発表ではないらしいが、Ricohの関係者がKマウントユニットに対して期待して欲しいと明言していたらしい。

Kマウントユニットは恐らくAPS-Cセンサーを利用するだろうから、センサーの大きさだけを考えればOlympusカメラよりも優れていよう。GXRは一眼カメラではないが、ミラーレスカメラに位置付けられるし、Pentaxユーザーの私としては今年は無駄な買い物をせずにRicohからGXR用のKマウントユニットの発売を待ってGXRを入手するのが最適だと感じている。

本日の写真はGXRにA12 28mmF2.5で撮影したもの(実際の焦点距離は18.3mm)。風景は皇居のお堀である。Ricoh特有の色の地味さと、GRレンズの割には物凄く解像している訳ではないが、驚きなのが右のビルをご覧頂きたい。目で確認する限り、歪曲がほとんど感じられない。以前、Ricohのサービスの方がA12の28mmレンズの歪曲はゼロだ!、と豪語していたが、まさにその通りである。

但し、このA12系レンズの欠点はブレ補正機能がない点で、これはLeica Mマウントレンズ用のMount A12でも同じ。だからKマウントユニットが発売されてもブレ補正が付かない可能性があるのがネックだ。

でも4月1日からPentaxとRicohのカメラ部門(個人ユーザー用)は完全に統合されるとの事。Pentaxのカメラ、レンズにRicohのテクノロジーが採用されるだろうし、反対にPentaxのそれがRicohのカメラに反映される事も大いに考えられる。

だから例えばK-5のテクノロジーがGXRのKマウントユニットに採用される事だって有り得、そうなればブレ補正や超高感度撮影にも耐える事が出来るユニットが作られる可能性だった大きい。まぁそうなればかなり高価な代物になっちゃうだろうが、それはそれで発売されてから考えればいいかな(笑)。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)