にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

遠景で眠い描写をしてしまう訳

2012年03月31日 00:00

パイプ美

パイプ美

Pentax K20D, Tamron AF70-300mmF4-5.6Di

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。また複数枚の掲載の場合、写真上の左右をクリックすると画面が遷移します。



前回の記事同様に、fc2のアクセス解析サービスから拾った検索エンジンのキーワードから・・・。

カメラマンは自分が所持するレンズに疑問を持つ事が多々ある。「軟調 レンズ」、「レンズ 遠景 眠い」、こんなキーワードを時折見掛ける。これについてどんな事を調べようとしていたのか?、検索エンジンから探ってみた。

非難ネタになるので、あるサイトとしよう。そこでカメラマンは望遠ズームレンズについて、写真が眠い、シャープな像を得られないが、これがこのレンズの性能だろうか?、と疑問を持たれていた。

写真やそれに添付されていた露出データを見る限り、多分カメラ初心者なのだろう。レンズの特性、性質を理解されていない。

135換算で300mm以上の超望遠域を手持ちで1/10sec前後で撮影している。レンズが眠い云々の前に、写真を見る限り、明らかにブレが生じている。WEBを徘徊しているとブレとピンボケを理解していないカメラマンが意外と多いのに驚く。またブレ補正機能を過信しているカメラマンも決して少なくない。

一般に手持ち撮影の場合、135換算の焦点距離分の1秒、300mmなら1/250secがブレない限界と言われている。これにブレ補正機能が付くと2~3段分の余裕が持て、結果、1/60secくらいなら多分ブレないであろう、頑張れば1/30secでも大丈夫かもしれない。

300mm以上のレンズで1/10sec、これは壁にカメラや体を固定していたり、一脚や三脚でも使っていない限り、100%ブレると言って良いだろう。特にデジタルカメラの場合、パソコン上で等倍像を見る事が出来、等倍なら1/30secでも個人的には危険だと思っている。

それと写真が眠いと言う方の中には絞り開放で撮影されているカメラマンもいる。これは明らかにレンズを理解していない。名レンズであっても絞り開放の描写はおおよそ甘くなるのだから、そこらのズームレンズの絞り開放の描写は優れているとは言い難い。

(レンズの焦点距離によるが)数十センチから数メートルくらいなら、ピントを一点だけに合わせ、前景、背景をボカすのに絞り開放は勝手が良く、またピントが合っている部分は意外とクリアーに見える。しかし数十メートル先の風景を狙う場合、絞り開放を使えば必ず眠くなる。

「最低でも一段は絞れ」

我々はそう教えられていた。70-300mmF4-5.6、そんなスペックなら300mm側の絞り開放はF5.6、これで遠景を狙うのだったらF8~F8半まで絞り込まないと、笑っちゃうような描写にしかならないだろうし、私が遠景を狙うのだったらF11まで絞るかもしれない。

手持ちレンズの性能が良い、悪いではなく、最大の性能を引き出すにはどうするべきか、それを考える必要がある。特にズームレンズの場合、焦点距離によってスウィートスポット(良く写る)とウィークスポット(悪く写る)がある。

経験上、望遠側の描写がやや甘くなるレンズが多いようだ。手持ちのSigma 17-70mmもTamron 18-200mmも、70-300mmもそれぞれ70mm、200mm、300mmの描写はお世辞にも良いとは言えない。だから70-300mmF4-5.6の300mm側で開放絞りを使って遠景を撮影したら、そりゃぁ確実に眠い描写になる。

前方に余裕があるのだったら70-300mmのレンズでも焦点距離を200mm~250mm程度にし、自らが前へ向かって画角を調節し、1段~2段、F8~F11まで絞って撮影する。これが常套手段である。前へ進めない場合も300mmで撮るしかない訳でなく、250mmで撮影し、撮影後に一回り小さくトリミングする、近頃の画素数の多いデジタル一眼レフならそんな手法だって「あり」だと思う。

GANREFや、Photozoneと言ったカメラ、レンズ検証サイトを利用して、自分のレンズの性能を知るのも良いと思うし、私自身もこの手のサイトは良く利用する。

Tamron 70-300mmF4-5.6Di LD Macro 1:2、このレンズの300mmの解像力を見るとGANREFではF16が、PhotozoneではF11がピークになっている。やはり開放絞りから2段~3段絞ったくらいが良い描写をするようだし、Photozoneのテストでは200mmにセットした際の解像力は300mm時よりも遥かに上回っていて、しかもF8まで絞れば良い、そんな結果だ。

この手のデータを参照しつつ、自分でもほんの数分でもテストすればレンズのスウィートスポット、ウィークスポットが判って来る筈で、確かに時折、最新のレンズでもしょ~もない解像力しか持たないものもあるようだが、おおよそ、そこそこの値段のレンズであったらスウィートスポットを有効に使えば、A3ノビくらいのプリントには十分に耐えられる力を持っている筈だ。

私はSigmaの17-70mmとTamornの70-300mmの2本体制で撮影に挑む事が多く、この場合、Sigma 17-70mmの70mmよりもTamron 70-300mmの70mmを使った方が解像力が高く、70mmを多用するようなシチュエーションなら迷わずにTamron 70-300mmを使うようにしている。

本日の写真、この撮影ではTamron 18-200mmと70-300mmの2本体制だった。広角から望遠域まで幅広い18-200mmを中心に、用途に合わせて70-300mmを利用しており、この像は133mmで撮影している。18-200mmの範囲内であるが、この焦点距離だと明らかに70-300mmの方が画質が優れ、とくにこの手の金属が被写体の場合は、シャープに写った方が好ましく、敢えて70-300mmに交換して撮影した。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. cameranow(元mojolovich) | URL | .uPwujTU

    勉強になります!

    ズームでも美味しいポイントで、足を使うんですね。
    いつも勉強になります。

  2. BigDaddy | URL | -

    > cameranow(元mojolovich) さん

    無駄に足を使い過ぎてもズームレンズの意味がないので(本気で足を使うのなら単焦点レンズで良いですからね(笑))、やはりまずはご自分のレンズのテストをされて、スウィートスポットを見つけ、それ用に足を使われるのが最適だと思います。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)