にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

再びコダクロームについて勝手にほざいてみる その2

2012年04月14日 00:00

アメリカンハウスと廃列車

アメリカンハウスと廃列車

Pentax K20D, SMC DA18-55mmF3.5-5.6AL

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。また複数枚の掲載の場合、写真上の左右をクリックすると画面が遷移します。



いつものパターン、前回からの続きネタを・・・。

しつこいようだが、下の2つのサイトのカラーフィルムの発色に憧れを抱いている。

Early Kodachrome Images
Captured: America in Color from 1939-1943

何度も書くが、これぞオンリーワンな絵、発色とフィルムの経年による劣化がもたらす美しさは凄過ぎる。常にこんな発色のデジタル写真を簡単に作る事が出来たら・・・。それともこういう色に興味を持つ私はマイノリティなのか?。

そう言えば私は「コダックブルー」よりも「コダックイエロー」の方が馴染みが深い。Kodakのフィルムは黄色の発色が美しい、もしくは全体に黄色寄りの発色をすると言うもの。

一説ではそれは真っ赤な嘘で、Kodakフィルムのパッケージが黄色なので皆がそう思いこむようになったとも言われているが、少なくとも上のリンクの写真達は、これをコダックイエローと表現するべきか悩むところだが、黄色被りをしている写真が多い。

以下のリンクは如何だろうか?。こちらは上のリンクと異なり、保管状態も良く、経年劣化による色被りなどはほとんど見られないコダクローム写真を見る事が出来る。

Shorpy 4x5 Kodachrome
Fortune's Kodachrome legacy
Newsweek: Kodachrome's Color-Drenched Life
The Kodachrome Project

※ページを開いて1枚しか写真がない場合でも、Next、Backをクリックしたり、スライドショーとして複数の写真を閲覧出来る

他にも「kodachorme photos」で検索すれば沢山のこの手のサイトを見つけられる。これは海外ならでは。日本のサイトは著作権でガチガチに守られているからなのか、ほとんどこの手の写真は掲載されていない。いずれにせよ、日本より海外の方がコダクロームユーザーは多いのだろう。

どうだろう?、皆さんも少しはコダクロームに興味を持たれたのではなかろうか?。但し、このフィルムはすでにこの世にはない。よって我々はデジタルで「コダクロームごっこ」しか出来ないのである。最近下のページを見つけた。

In Memoriam - Kodachrome (1935 - 2010)

コダクロームの歴史が延々と紹介されているが、ページ中央から少し下の位置に大きく「Download」と書かれている。これをクリックすると、十数個のコダクロームを模倣したLightroom用のプリセットをダウンロード出来る。

製作者が「While my emulations will never reach the level of quality of the true Kodachrome film」と語っている通り、本物には到達していない、未完成のエミュレートではあろうが、この手のフリーで入手出来るコダクローム模倣のプリセットの中ではかなり特徴を掴んでいる気がしている。

このページで、草原で人が馬に乗っている写真があるが、あくまでも勝手な意見として、これが私がイメージしている、かつて使ったことのあるコダクローム64に近い印象を受けている。皆さん、如何だろうか?。

ちなみにこの手のLightroomのプリセットは、検索エンジンで「lightroom preset」と入力すれば、嫌になるくらい見つける事が出来るし、「lightroom kodachrome preset」と打てばコダクロームを真似ているであろうプリセットを見つけられる。

但し、所詮これらは単なるプリセットでしかなく、ある写真で使ったプリセットの効果が期待できたとしても、それを他の写真に採用すると全くイメージに合わないものが出来てしまったりもする。

例えば前回の写真の発色、これがコダクロームであるかはさておき、お気に入りの発色の1つだが、他の写真でこのデータを使うと、かなり派手な現実離れした写真が出来上がってしまう。

現状、市販のフィルムシミュレーションソフトは別にし、フリーのLightroomのプリセットやPhotoshopのプラグイン、アクションの類で、汎用的なコダクロームエミュレーターは存在しないと考えている。コダクローム、特にオールドフォト風に仕上げるには、Lightroomだけでなく、Photoshopも併用して、1枚ずつ、風景に合わせて細かくこつこつと仕上げていく・・・、これしか術はない気がする。

実はそれが面倒で、Photoshopのプラグインとして働くフィルムシミュレーターをとうとう購入してしまった。レンズ1本平気で買えるお値段であるが、それだからこそ確かに素晴らしい。これに関しては使い込んでからネタにしようと思っている。

本日の写真は、上記、x-equals.comからダウンロードしたプリセットデータを使ってLightroomで現像したもの。あまりにも写真を見過ぎて、もはやこれがコダクロームに似ているかどうかも判らなくなってしまった。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. 茶虎猫 | URL | a2H6GHBU

    こんばんは。初めまして。
    Q(K-01だったかも)で検索してこちらのサイトに辿りついて以来、
    毎回興味深く拝見しています。

    私はデジタルからの参入組なのでフィルムに関する知識はほぼゼロです。
    昨年SD15を購入して撮った写真をアップしたところ、
    「コダクロームみたいですね」とコメントが付きました。
    他のクチコミなどを見るとどうも褒め言葉の1つとして
    「コダクロームのようだ」という表現があるらしい。
    コダクロームてどんなフィルム?と気になりつつも、
    放置しておりましたので今回の記事とても面白くためになりました!
    有り難うございます。

    黄色被りといえば、
    ニコンD90は黄色被りすることが多く、
    ファームで改善してほしいと思っていましたが、
    問題ではなく欧米の標準に合わせているらしいです。
    こういうフィルムの伝統が関係するのでしょうか。
    D90売ろうかと思ってたけど再評価の時がきたかも。

    とりとめなく失礼しました!
    これからも更新楽しみにしています。

  2. ハッセルじいちゃん | URL | lalX43Vc

    こんにちは
    僕はエクタ64のシートフィルムばかり使っていたので、コダクロームの色は知りませんでした。
    デジになってからは 擬似的な色を出せるので便利になりましたよね。
    この廃な車両の天井は朽ちってしまったのでしょうか。
    駅の横に飾ってある車両は見かけますが、この様に捨てられている方がいろいろ感じられます。

  3. BigDaddy | URL | -

    > 茶虎猫 さん

    QとK-01ネタ、ともに悪口ネタでしたね(笑)、ご覧下さり、ありがとうございます。

    日本のカメラマンってコダクロームをメインで使っていった人ってほとんどいないと思います。幾つかの本文にも書いておりますが、だからこそ、イメージ優先で、本当のコダクロームの発色って良く判っていない人も多いのでしょうね。私もその1人で、海外のサイトを色々と巡って、コダクローム色を脳にインプットしている次第です(笑)。

    コダクロームみたい、これは確かに褒め言葉でしょうね。SD15は癖があると言われていますが、癖があった方が面白いと言えば面白いんだと思います。私も財布に余裕があったらSimgaのカメラって使ってみたいと思います。

    黄色被り、D90も障った事はありませんが、恐らくホワイトバランスも若干の影響があるのでしょうね。私の場合、ホワイトバランスが崩れても気にならない人間なので、もしD90を持っていたら、今後も使っているのでしょう(笑)。まぁSD15が癖があるので、D90は普段用のスナップとして残すのも1つの手かもしれません。

    さて、今月末から5月の頭くらいにまたフィルムの発色をデジタルでどーにかする、そんなネタを書く予定なので、今後もどうぞ宜しくお願い致します。

  4. BigDaddy | URL | -

    > ハッセルじいちゃん さん

    エクタ64、EPRですよね。EPRは多分一度も使った事がないと思います。コダックだとやっぱり安いダイナ系か、余裕があったら100VSでしたねぇ。そう言えばコダック、倒産ですし、フィルムも製造中止ですからねぇ・・・。

    デジタルは正直、発色やコントラスト等いじれるので物凄く楽しいですが、本文にも書いた通り、色々とやりすぎちゃうと、もはや、何を目指しているのか自分でも判らなくなります(笑)。

    さて、この車両、詳しくは判りませんです。確かに屋根がないように見えますが、穴が開いている訳ではなさそうです。人様の敷地だったのと、時間がなかったので、あまりしっかりと覗かなかったのですが、どうも車両を買い取って、中を食堂にしていた節があります。

  5. kohji | URL | JalddpaA

    コダクローム愛用者より

    こんばんは、私も以前コダクロームを愛用していました。なくなったのは非常に残念でした。
    特にレース写真には最適でした。この記事を読んで懐かしい気持ちでいっぱいです。
    フィルムがなくなるのは自然の流れかもしれませんが、せめてコダクロームだけでも出来れば復活してほしいものです。

  6. BigDaddy | URL | -

    > kohji さん

    ご訪問、またコメントも頂きありがとうございます。

    そうですか、愛用されていたのですか。私は恐らく50本使ったかってところです。コダクロームを使っていた時期って確か3年くらいだったもので・・・。でもそれしか使っていないから、コダクロームの発色を良く理解していない、だから今になってどうだったのだろう?、と大きな疑問だったんです。

    レースにコダクロームですか、珍しいなと思って、「コダクローム、レース」で検索を掛けると、仰る通り、行ける!、なんて話がポツポツ見つかり、驚いています。

    コダックはフィルム部門をどこかに売却すると思ったら生産打ち切りですから、余程の大手でないと、フィルム部門を買い取って云々って出来ないのでしょうねぇ。アグファみたいに名前だけ買い取られ、全く異なるエクタクロームとかコダクロームとか将来出そうで・・・(笑)。

  7. ぐり | URL | mQop/nM.

    こんばんは

    いい雰囲気の廃車両ですね。
    日本の車両っぽくないですよね。まさかアメリカからわざわざ持ってきたものなんでしょうか。
    いずれにしてもこんな錆具合の車両見つけたら1時間ぐらいまとわりついて撮ってそうです(^^)

  8. BigDaddy | URL | -

    > ぐり さん

    恥ずかしながらこの列車がどういう類のものか全く理解しておりません。
    列車の形式も、何故こんなところにあるのか皆目見当が付きません(笑)。
    ただ、良い朽ち方していましたよ~。この時は予定があり、ここにいたのは10分くらいだったでしょうか。予定がなければやはりもっと長く撮っていたと思います。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)