にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

今後のコンデジはどうなって行くのだろうか?

2012年07月17日 00:00

足尾の廃集落より

足尾の廃集落より

Ricoh GX100

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



前回の記事ではデジタル一眼レフ、ミラーレスカメラが今後どうなるのだろうか?、来年までにフィルム表現を超えるだろう、そんな主旨で書いた。今日はコンパクトデジタルカメラの未来像を好き勝手に(何の根拠も無く)書いていきたい。

今も尚、コンデジに搭載されているセンサーは1/2.5型前後が主流だ。これは小指の爪よりも小さく、長辺が6ミリくらいしかない。

そして高級コンパクトデジタルカメラと言う分野では一回り大きく、1/1.7型くらいとなる。1/2.3型が小指の爪より小さかったら、1/1.7型は小指の爪くらい、そう思って良いだろう。

今のデジタルカメラ技術はこんなしょ~もないスペックのセンサーでもかなり綺麗に写真として記録してくれる。一般にこの手のセンサーは高感度撮影が弱いと言われているが、現行のコンデジではISO800くらいなら普通に写せると言う。

勿論、センサーサイズの大きな一眼レフやミラーレスカメラと比較したら雲泥の差だろうが、仮に成果物がA4サイズのプリントなら、ISO400なら全く問題がなく、ISO800でも人によっては解像感やノイズが気にならない。

つまり小指の爪程度のセンサーを持つデジタルカメラは完成の域に達した事になり、消費者としてはこのまま時間が止まったとしても誰も不便を感じないだろう。

ところが生産者側としてはそうは行かない。今までは画素数を上げれば消費者が買ってくれたが、技術的にも、そして消費者だって馬鹿じゃないから、それで購入意欲を満たすには限界に来ている。

新たな基準で何かを作り続けないと、その分野の産業は衰退してしまう。だからなのだろう。このところ、一回り、二回り大きなセンサーを持つコンパクトデジタルカメラが出てきた。

ざっと挙げてみても1インチ前後のクラスではCanon GX1、Fuji X10、Sony RX100、Nikonは(レンズ交換式だが)J1とV1、。Ricoh GXRの一部のマウントとSigma DPシリーズ、最近ではLeicaからはX2なるEVFも装着出来るコンパクトカメラ(このEVFはOlympus製との事)、これらはAPS-Cクラスのセンサーが搭載されている。

個人的にはコンデジの良さとはセンサーが小さい事による被写界深度の深さを挙げたい。被写界深度が深いからこそ、記念、記録写真に向いているし、一瞬をスナップする時も(AFが優秀であったら)センサーの大きなカメラよりも勝手が良い。

より高画質に、より高感度ISOが使えれば・・・、一般的にノイズの多さはセンサーの面積の大きさに反比例するので、その回答が1インチ前後のセンサーを利用する事だと思う。そして1インチの大きさならまだまだ被写界深度は深い。

ISO800が当たり前のように使える、被写体によってもISO1600も使える、そして被写界深度が深く、明るいレンズが搭載されていたら反対にボケを楽しむ事だって出来る、これが1インチ前後のセンサーを持つデジタルカメラの特徴だ。

SonyのRX100は広角側では絞り開放がF1.8、シャッターは1/2000secまであるとの事。これくらい明るいレンズで、1/2000secが使えるとなると日中でも風景によっては手軽にボケの美しい写真を撮る事だって出来るだろう。望遠側の開放がF4.9ってのがちょっぴり残念だが(F4だったら凄いのに)。

このまま1インチサイズが普及してくれれば5年後には2、3万円クラスのその手の高画質のコンデジが我々の手元にやってくる事になる。私にはあり難い進歩だ。

そこで問題となるがマイクロフォーサーズの位置付け。マイクロフォーサーズはセンサーが小さいからボディとレンズも小さく出来る、それが利点だった。でも1インチセンサーを持つカメラが普及してしまうと、少なくともサイズに関しては有利ではなくなる。

昨年の秋以降、ほぼ1ヶ月に1度の割合で(要するに給料日後(笑))Olympus E-PL2を買うか否かで心が葛藤していたが、春先くらいから同じOlympusでも1/1.63型センサーを持つコンデジ、XZ-1の方が用途にマッチしていると思い始めている。

どうせ買うなら性格が異なるカメラが欲しい。マイクロフォーサーズはAPS-Cよりもセンサーの面積が小さいが、それを被写界深度に置き換えると1絞り分でしかないらしい。APS-CでF8ならマイクロフォーサーズではF5.6。こうなるとほぼ同じ表現になってしまう。

そしてPENシリーズのフラッグシップのE-P3を何度か借りて、小さいからこその使い勝手の悪さを確認した。どうせ使い勝手が悪いのだったら、より小さなカメラの方がいい、そう思うようになった。

1インチセンサーのカメラのISO800が常用出来るとすると、ISO1600でもA4くらいのプリントに耐えられる筈。被写界深度はフォーサーズよりも深い訳で、F4まで絞れば十分である事が多いだろう。そうなると日没近くの風景でも何とか切り取る事が出来るだろうし、旅先の屋内での撮影でもノンフラッシュのシチュエーションも多くなると思う。

SonyのRX100は広角側でF1.8を持つのだから2段以上絞ってF4にしても明るい室内ならISO800の1/15secくらいで写真を撮れる事になる。余程暗い屋内でない限り、フラッシュを必要としなくなる。旅カメラ、日常の記録カメラとしては十分過ぎるスペックだろう。

残念なのはRX100にはEVFがないって事。SonyはNexシリーズがあるからコンパクトデジタルカメラには敢えてEVFは搭載しないと思うのでそれはそれで仕方ないだろうし、発売して間もないのにこれが5万円台で買えるってのは凄い事だ。

1インチセンサーが普及タイプのコンデジに搭載されるのが3年後として、5年後には2万円くらいでRX100と同等の画質を我々は手に入れる事になるのだろう。

そんなコンデジの将来に期待している私はすでにシーラカンスとも言えるRioch GX100を愛用し、今日も3代前のRioch CX3を探しているのだった(笑)。

本日の写真は一応、コンデジではメインに使っているそのGX100から・・・。

写真を撮る楽しさはデジタル一眼レフには敵わないが、もはやこの手の写真ならコンデジでも十分だと思っている。GX100は高感度がメチャ弱く、ISO200を超えただけでも不愉快になるくらいノイズが出るが、ISO80、ISO100の画質は非常にキリリとしている。

この足尾の廃集落は生活道路かほんの少しわき道を登るだけだから重いカメラ、仮にPentax 645Dに馬鹿でかいレンズを何本も背負っていても気持ちが萎える事はないが、この時の旅では地元の方の情報を頼りに道の無い山を登ったりもしており、そんな時にISO1600が使えるポッケに入るくらいのコンデジがあれば廃な風景撮影もとっても楽になり、きっと3年後にはそんな撮影をしている自分を想像出来る。

※廃墟は時として手持ち撮影だとISO6400が必要になる事もあるが、1インチクラスセンサーだったら被写界深度がまだまだ深いので広角ならばF2.8でもピントの合う範囲は広く、即ちISO感度は1600もありゃ十分


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. ハッセルじいちゃん | URL | lalX43Vc

    こんばんは!
    この集落は足尾銅山ですよね。
    関西からはマジ遠いですが、行ってみたい所のひとつです。
    カメラは・・・やはりEPSONかな。

  2. BigDaddy | URL | -

    > ハッセルじいちゃん さん

    関東を旅されるのだったら、日光とセットが良いと思います。日光を拠点、宿を取り、レンタカーで足尾まで。実は私もこの時の旅はそうだったんです。

    すでに産業遺構のような大規模な工場などはほとんど取り壊されていますが、この廃集落は本山へ進むメインストリートを脇に入って見つけたものですが、周辺にはもう1つ廃集落があり、もうすぐに廃集落(ほとんどが空き家で朽ちているような)ってのも1つありましたね。電車一駅分くらい手前にももうすぐ廃集落があり、和の廃は沢山ありました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)