にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

夏の撮影旅行その6 - 花を狙う

2012年08月24日 00:00

山麓のひまわり畑

山麓のひまわり畑

Pentax K-5, SMC DA18-55mmF3.5-5.6AL with x0.7 Wide Convertion Lens

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



飽きっぽい性格で、今回の旅行の大半は廃墟関連をスケジュールしていたものの、そればかりを撮っていると次第にイライラしてくる。だから普通の街中の風景や、この写真のように花なんて狙ったりもする。

今日も複数枚の写真を掲載しているので是非「続き」をクリックして頂きたい。

本日のトップ写真であるひまわり畑。フィルム時代に郊外のひまわり畑を一度、デジタルになってからは河川沿いの小さなひまわり畑を撮っただけ、生涯で3度目のひまわり畑だ。

どちらかと言うとこの手の観光農園には興味が無かった。それでもちょうど満開だとの事で、せっかくなので撮らなきゃ損。少なくとも都内ではここまでの規模のひまわり畑はそうはないだろう。

興味が無くとも行ったら行ったで一面の黄色と緑のコントラストは素晴らしいし、青空も広がりこれぞ夏!、なる風景。やっぱり来て良かったと思っちゃう瞬間。



ひまわり

Pentax K-5, Sigma AF17-70mmF2.8-4OS HSM



時に!。今回の旅では2度も蜂(ちゃんと確認した訳ではないが)に追いかけられたが、ひまわりに集う蜂達はとっても可愛い。

彼らは習性なのだろう、蜜を吸っている時、幾ら近付こうが、触ろうが、人間には無関心(あの脅威のスズメバチでさえ、食事中は人に危害を与えないと言う)。この写真を撮影後、試しに中央の蜂を撫で撫でしてみたが、やっぱり蜜を吸う事に夢中だった。

ちなみにミツバチの他にずんぐりむっくりで全体が毛むくじゃらのハチも多くいて、クマンバチだと思っていたら、後で調べるとお尻が黄色いムクムク系はコマルハナバチかオオマルハナバチとの事。こいつも蜜を吸っている時、人間には無関心だった。やっぱり撫で撫でしちゃった(笑)。

※刺さないと言うのはあくまでも個人的な経験であり、ハチを撫で撫でし刺されてもそれは自己責任って事で・・・

花繋がりで・・・。

7月中旬、東京は上野へ用事があったので、ならば一面が蓮だらけの不忍池、望遠レンズさえ持っていけば選り取り見取りだろうと池まで歩いてびっくり、ありゃりゃな状態。花が全くない。おかしいなぁ、時期的にはばっちりだった筈だが・・・。池を半周しても一輪の花も無く・・・。

そして今回の旅行にて・・・。

カメラを持って旅先の街中をブラついていたら、老夫婦が突然「蓮、綺麗だよ!」と声を掛けてきた。何だろう、蓮を撮りたそうな顔でもしていたのか?(笑)。それともその周辺は蓮で有名なのだろうか?。まぁそんなこんなで無理矢理に蓮を撮る羽目になった。

でも、ひまわりと同じで行けば行ったで花びらは透き通るような美しさを持ち、つぼみにはエロスを感じる。さらに花びらが散ると今度はSF、オカルトかいな!、そんな風景を見せてくれる蓮の花、撮っていてつまらない訳は無い。なんだかんだと炎天下の中、15分くらいはあらゆる構図で狙っていたと思う。


蓮

Pentax K-5, Tamron AF70-300mmF4-5.6Di



蓮

Pentax K-5, Tamron AF70-300mmF4-5.6Di


残念だったのは、この蓮の池、道路からは低い位置にあり、水平と俯瞰しか構図出来なかった。真っ青な空が広がっていたから、何とか空を入れようと色々と試みたが断念。背面の液晶を使ってライブビュー撮影も考えたが、あまりにも天気が良く、液晶画面は真っ黒いだけ。どうにもならなかった。

今後のカメラのあり方・・・、カメラの基本性能は今で十分だと思うが、せっかくライブビューが扱えるのだから、光のセンサーがカメラ背面に盛り込まれていて、ライブビュー使用時、周囲の明るさに応じて自動的に液晶のコントラストを上げるような仕組みが出来ないものだろうか?。

またPentaxに言及すればバリアングルモニターの搭載は必須だろう。恐らくもうすぐK-5の後継機種が発表されるだろうが、もしバリアングルモニターじゃなかったら魅力は半減する。カメラを軽く小さくする、この思いには賛同するが、そのせいで機能を削ったり、使い勝手が悪くなっては意味がない。

バリアングルモニターの恩恵に与るようなカットはほんの数パーセントでしかない。しかも私のようにファインダーを覗いて写真を撮るからこそカメラだと信じて疑わない人間は、仮にバリアングルモニターが搭載されていても、可能な限りファインダーを使って写真を撮る。

でもCanon、Nikon、Olympus、Sony・・・、他社では簡単に撮れる構図がバリアングルモニターを採用していないPentaxでは余程工夫しないと撮れない、もっと言えばコンパクトデジタルカメラで簡単に撮影出来る風景がPentaxのデジタル一眼レフでは難しい撮影になる。そりゃぁユーザーから不満の声が上がっても仕方ない。

強烈な腰痛持ちだから中腰姿勢が長く続くと非常に辛い。そんな時には液晶モニターでの撮影を否定しておきながら、やっぱり体の方が大事だからライブビューを使う事も実は多いし、今回は三脚を使った夜景にもチャレンジし、そうなると明らかにファインダーよりもライブビュー撮影の方が楽だ。

旅とは関係の無い話になってしまったのが、本日はこれにておしまい。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. ハッセルじいちゃん | URL | lalX43Vc

    こんにちは~
    丹後の旅を終えた数日後、里山のヒマワリ畑では 暑すぎるのか 皆「絶句」のポーズをしていました^^
    TOP写真はすごい畑ですね。
    山も尖っていて、こんな風景に出会えると 疲れも吹っ飛びますよね。

  2. i.Marks | URL | 2svZrEBc

    この前は

    コメントいただき、ありがとうございました。
    ひまわり畑、うらやましです。
    自分も、新聞記事でひまわり畑が見頃とあったのに
    数日後に見に行ったら見事にガセでほとんど終わっていて
    なんでって状態でした(笑)ので
    良い写真を見せてもらいました!

  3. ぐり | URL | mQop/nM.

    こんばんは

    BigDaddyさんのblogでこんな綺麗なひまわり畑の写真見られるとはおもっていませんでした(^^)

    向こう側の山並みは南アルプスですね。
    自分は以前はちょくちょく山へ行ってましたので中部圏の山並みなら割とわかります。

    それにしても見事な畑ですね。オイルとかになるんでしょうか。

  4. BigDaddy | URL | -

    > ハッセルじいちゃん さん

    超広角、135換算20mm以下で撮っているので、より広さは強調されますが、実際にも圧倒的でしたねぇ。でも倒れるくらい暑かったです(笑)。

    この写真を撮った1週間後、この周辺の畑はすでに絶句していたそうです。ホント、ジャストタイミングだったようですねぇ。

  5. BigDaddy | URL | -

    > i.Marks さん

    こちらこそ、コメントをありがとうございます。

    新聞がガセとは怒り心頭ですよね。今は新聞よりもこの手の季節情報はインターネットの方が良いのでしょう。今回の写真は、その手の情報を一切知らずに、そう言えばひまわり畑があるようだが行っているか、と軽いノリだったんですが、ジャストタイミングでした。

  6. BigDaddy | URL | -

    > ぐり さん

    旅行ではケチ根性が働くので目に見えたものは何でも撮ります(笑)。普段のお散歩写真でもこれくらい貪欲だと、もっと写真選びが楽なのでしょうけどねぇ。普段は花なんてまず撮りませんから。

    方角的にどっちがどっちか判りませんが、富士山は見えてないので、やはり南アルプスなんだと思います(笑)。困ったもので、どうやら、撮影位置を変えれば富士山をバックにも撮れたらしいのですが、そんな事全く知りませんでしたよ~。ロケ地情報は事前に調べるべきですねぇ。

    このような畑、観光農園ですが、やはりオイルや食用種になるのでしょうね。そうじゃなきゃ入場料を取っている訳でもないので、無駄ですもんね(笑)。

  7. 梅サクラ | URL | zwRScLrQ

    ひまわり畑!

    私も実は花の写真よりも、人物写真を撮ってきたので、
    このブログ開始に伴って、どうやって花を撮ったら?良いか?状態です。
    ひまわり畑の撮影は、明野が初めてでした。
    デモ、山に囲まれて、素晴らしいロケーションですね。
    一枚目の写真、見事にその様子を表現されていますねっ!

    蓮の花も見せて頂きました。
    私も7月始めに、行田の「古代蓮の里」に初めて行って撮ってきました。
    やはり、実際に花々を見ると感激しますよねっ!

    24日は、「東京湾納涼船」に乗っていたので、昨日は疲れて,ダウンしていました。
    で、遅くなってしまって、すみませんでした。

    P☆!

  8. BigDaddy | URL | -

    > 梅サクラ さん

    ありがとうございます。

    花はもうちょっと歳を取ってからでもいいかな、ずっとそう思っていました。今もそう思っているのですが(笑)、こういう風景を目の前にしたら通り過ぎる事は出来ませんよね。

    行田の古代蓮、私もいつかは行こうと思っています。ただ、今申し上げた通り、今じゃなくてもいい、そんな思考があり、何かのついでに行田付近へ行けば撮るかなぁ、そんな感じですねぇ。行田ってどうも中途半端な場所でして(笑)。手前の川越は良くうなぎを食べに行きましたし、古河とか館林なんかも何度か行った事があるのですが・・・。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)