にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

夏の撮影旅行その7 - 偶然の出合い

2012年08月26日 00:00

川沿いにある未完成の廃墟

川沿いにある未完成の廃墟

Pentax K-5, Sigma AF17-70mmF2.8-4OS HSM

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



8月18日の記事の通り、廃集落と廃ホテルを撮る事が出来なかったが、その代わりとなる被写体を幾つか見つける事が出来た。今回はそんなお話を・・・。例によって複数枚の写真を掲載しているので「続き」をクリックされたし!。

流石に都内の主要道路を走っても廃墟がドカ~ン!、なんて事は無いが、東京でも都下ともなると国道沿いに潰れたお店を幾つも見つける事が出来、その中でも朽ち度の高い廃屋を結構見つける事が出来る。

今回の旅は東京から150キロも離れており、とにかくどんな道だろうが左右を注意していればナンボでも廃墟が見つかってくれる。

本日トップの写真も国道を適当に走っていて見つけた物件。上の写真を見ただけではこれが廃墟には見えないと思う。しかし近付くと・・・。


廃墟


どうやら建築が途中で頓挫し、そのまま放置されたようだ。バブルが弾けて放置された割には朽ち度が低いので、最近のリーマンショックで弾けちゃった、そんな物件のようだ。

骨組み、外部はほとんど完成して、あとは壁と内装を仕上げるだけ、もう少しで完成、そんな状態で放置されているから結構不思議。


廃墟


次に見つけた廃墟も同じく建設途中で放り出されたと思われる物件だ。これまた遠くから見ると、屋根部分が崩れているが、見た目は立派な観光ホテルのようなビル。


廃墟


でも侵入を試みると、鳩の住み処になっていて糞と羽毛だらけ。またいつの時代の廃墟か判らず、建設途中だったとするとアスベストがあったら・・・。

どうもマスク無しでは息をするだけでかな~り危なく感じたので各階をちょこちょこ撮っただけだが、どのフロアも下のような感じ。内装もほぼ完了している。見た感じ、ホテルと言うよりも、結構式場のようなイベント用の建物っぽく見える。


廃墟


この鳩屋敷探索中、ファインダーでゴミを発見。良く見るとチョロチョロと動いているではないか!。わぉっ!、虫だ!、ダニか?。恐らく、最初に紹介した未完成の廃墟で一度レンズ交換しているから、その時に入り込んだのだろう。

スクリーンを這い蹲っているのか、センサーにくっついているのか判らないが、とにかくブロアーでシュッシュッし、いなくなってくれはしたのだが、それがカメラの外に放り出されたのか、カメラ内部のどこかに入り込んだかは不明・・・。

まぁ、カメラの中には水分やダニの餌となるものはないだろうし、センサー周辺は相当発熱している筈だから、すぐに死んじゃって埃と化すだろうが、ちょっと気持ち悪い。

ダニを駆除?、した後、周辺をウロつく。この近くにはこ~んなカラオケパブの廃屋もあった。これも見た限り、建設途中、もしくは改装中に何らかの理由で放置されたような物件だった。


廃墟


蕎麦屋とカラオケパブと言う雑居ビルのようだが、屋内は蕎麦屋らしい雰囲気は皆無。元々蕎麦屋だったのをカラオケパブにしようとしたのかその反対か?。とにかく良く判らない物件。店内もガラ~ンとしていて、時間も無かったことから2階へは上がらずにそのまま撤収。


廃墟


今日紹介した3件の廃物件は本来ならば喜んで何時間でも撮っているような比較的大きな廃墟だ。でも真の目的地までの道中だった事もあるが、最初の物件で30分くらい、次の物件は鳩屋敷と言う事もあって病気になりそうだったので10分もいなかったろう。最後のカラオケパブは侵入してから撤収まで3分(笑)。

どれも朽ち度が今一歩であったのと、廃墟の中では建築途中の物件は私個人はあまり魅力的には映らない。やはり、人がそこで生活したからこそ面白いのであって、この3物件は推測が当たっていれば業者の方達がそこに居ただけであり、そこに歴史を感じないのだ。

まぁ時間があったらもうちょっと探索していたろうし、鳩屋敷はマスク装備でもう一度行きたいとは思うが・・・(笑)。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. equinox | URL | mlDQ20Uo

    廃墟にもいろいろあって・・
    以前は朽ちていれば、興味を持って撮っていましたが
    最近は文中にもあるように、生活とかそこで過ごした人々の
    時間や想いのようなものを感じるような、空間を撮りたいと思っています

    そして・・なによりも美しくなければ(笑
    また探索にはいいシーズンに入るので、どこかいい場所が見つかるといいのですが・・

  2. ハッセルじいちゃん | URL | lalX43Vc

    こんばんは!
    朽度もさることながら、文章も 恐ろし面白しです。
    カメラに侵入したダニには、心底笑ってしまいました。  すみませ~ん^^;

    しかし 何処も 改築・建設途中で打ち切りってのが多いですね。

    2枚目の写真で気になったのですが、画面右・軒からするるっと下りたロープは何でしょ?
    まさか ここで 首を・・・

  3. BigDaddy | URL | -

    > equinox さん

    私の場合、ボロいか否かでしょうかね(笑)。ボロい、イコール、人の営みがかつてあったって事にも繋がるので、やはり建設中の廃墟はランクが下がってしまいます。ただ、本文で最初に紹介した廃墟は、骨組みと言う美を感じたので、いずれまたしっかりと撮りにいってもいいかなと思っています。

    時間や想いを感じる空間、まさに言い得て妙ですねぇ。それをしっかりと写し出す事が出来れば、無名の廃墟、廃屋でも、良い写真に仕上がるのだと思います。

    私は秋、10月くらいに、行けるのであれば話題の八ッ場ダム周辺を訪れてみたいです。草津のついでにロケハンでちょっと訪れた事があるのですが、工事が進んでいなければ、面白い風景があるかなぁと・・・。

  4. BigDaddy | URL | -

    > ハッセルじいちゃん さん

    カメラに虫が入るなんて初めての経験ですよ。虫の大きさにもよるのでしょうが、人間って動く物には敏感でファインダーを覗いた瞬間、すぐに判りましたよ(笑)。外に落ちてくれていればいいのですが、今も尚、カメラ内にいるかもしれませんねぇ。死んでいるでしょうけど。

    あのロープ、良く気付かれましたね。確かに現場でなんじゃこりゃ?、って思ったんですよ。輪の大きさが丁度人間の首くらい(笑)。でも輪のままでしたし、もしそれに使われていたら鑑識さんが持っていっているでしょうからここで何か起こったって事はないでしょうねぇ。多分、屋根職人用の手動エレベーターのようなものではないでしょうかね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)