にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

江戸四宿

2012年11月06日 00:00

品川宿で見た!

品川宿で見た!

Pentax K20D, Tamron AF18-200mmF3.5-6.3II

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



江戸四宿とは品川宿、内藤新宿、板橋宿、先住宿の4つ。フィルム時代全ての宿場町跡を撮り歩いていたが、写真がデジタルになり、2010年に品川宿を訪れ、そしてようやく最後の板橋宿を9月末に訪れて四宿制覇!。

今日は「続き」の下にも複数の写真があるので是非とも最後までご覧下さい。

同じ宿場町で言えば何故か気になって仕方のない日光御成道は東京大学近くの追分を皮切りに、岩淵宿、川口宿、鳩ヶ谷宿、大門宿を1年未満で訪れている。次の岩槻宿も年内に行く予定だ。

なのに江戸四宿は2年も掛かった。四宿は東京23区内に位置しているので、電車やバスを駆使したら1日で回れるのに・・・。要するに撮影対象として優先順位が低かったって事だ(笑)。

何故低いか。要するにフィルム時代に一度訪れていて、それから10年くらいは経過しているが、さほど変化はないだろうし、変化があったら、風情がなくなっているだけだろうから、ならばいつ行っても同じだろう、そう思っていた訳だ。

実際にどうだったろうか?。内藤新宿はフィルム時代から宿場町の風情なんて100%消え去っている。何せ新宿御苑やオカマバーの多い新宿二丁目界隈だからだ。

ここは写真を撮りに行ったではなく、とりあえず内藤新宿があったであろう場所に足を向けただけ。ちょうどNHKのブラタモリで「新宿で水道をたずねて」の回にて、新宿御苑脇の玉川上水の余水ばけ跡を見るついでだった。

とりあえず江戸四宿を制覇しないと気が済まないので、現在も地名として残っている「新宿区内藤町」、そこに降り立っただけ。ホント、内藤新宿では宿場町らしい風景は(残っていないと思うが)1枚も撮っていない(笑)。


玉川上水余水はけ跡

玉川上水余水はけ跡

Pentax K-7, Sigma AF17-70mmF2.8-4OS HSM


タモリはNHKの強力なバックアップで、この中に入って散策していたが、一般人はこのように金網越しから狙うしかない。また周辺にはこれが遺構である説明板もないようで、もしブラタモリで紹介されなかったら、誰も知らなかった遺構だろう。

他の3つの宿場町は今も尚、それらしい風情は多く残っている。

なのに本日のトップの写真は何故かオネーチャン!。いやぁ、風情のある品川宿でこんなエロい姿のオネーチャンが歩いてきたらそりゃぁ撮っちゃうでしょう!。

実はフィルム時代、仕事上のお得意さんが北品川にあり、何度となくここを歩いていて、ついでにコンパクトカメラでパチパチやっていたものだから、今更、撮る気がなかったと言うかなんと言うか・・・。裏道や船溜まりで時間を費やし、挙句の果てに天王洲アイルの方に歩いて行っちゃった(笑)。

ただ新たな発見もあった。これもブラタモリの影響。品川宿のあった商店街、高低差を見ると品川駅方面から向かうと左手の路地の大半が緩やかな下り坂になっている。そう、今は埋め立てられているが、江戸時代は下りきったところは海だったのだ。これにはちょっと感動を覚えた。

先住宿は品川宿よりも性に合っていた。宿場町風情と言うよりも下町風情とでも言おうか。しかも少し歩けばドラマ金八先生のロケ地でもあったから、歩いていてかなり面白かったのを覚えている。ここはもう一度訪れたい町だ。

そしてその周辺で特筆すべき点。それは葬儀屋が沢山あった事。あそこまで多い町はないんじゃないかと言うくらい、気が付いたら葬儀屋がある。先住宿周辺だけでも4社くらいあったと思う。流石に葬儀屋さんの写真を撮るのも何か気が引けて・・・。そしてこんな風景を撮っていたりする。


タコ公園

タコ公園

Pentax K20D, SMC FA28-70mmF4AL


「千住ほんちょう公園」、そんな正式名があるのに、このインパクトのせいで地元でも「タコ公園」と呼ばれているらしく、もしかして正式名を知らない地元民も多いのではなかろうか?。

しんがりは板橋宿。ここも品川宿、先住宿同様に街道そのものが商店街へと発展しているが、さほど景観の保存には力を入れていなかったようだ。知らないで歩いていたらただの下町の商店街である。

でもやっぱり紹介するのは少し外れた場所。ここはインパクトあったなぁ。「縁切榎」、ご神木が榎で、要するに縁結びの反対、何かと縁を切りたい人が祈願するところ。相当縁起が悪く、嫁入り行列は通っちゃならないし、新婚さんだって嫌だろう。

縁切りは人とは限らない、そう、病気、借金と言ったネガティブなものとの縁切り。私は腰痛から縁を切りたい・・・、祈願してみようかなぁ。ここは良縁も結んでくれると言うから、随分と太っ腹な神様だ。


切実、そして憎悪

切実、そして憎悪

Pentax K-5, Sigma AF17-70mmF2.8-4OS HSM


さすが、縁を切りたい場合、内容は容赦ない。仮にそれが世間では理不尽だとしても、本人は切実であり、藁をも掴む・・・、そんな状態であるから憎悪感丸出しの札が多かった。

と言う事で江戸四宿制覇だ!。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. たくあん | URL | HfMzn2gY

    昔、宿場町だったところは今でもそんな面影を残しているところが多いですが新宿はさっぱりですよね。

    板橋は旧中山道を歩いていても単なる商店街です。
    板橋区民なのでよく知ってますよ~
    もう百回以上はあの道を使ってると思いますし(笑)
    本陣跡などの看板はあっても看板だけなんですよね。。。

    ですが、レンガ造りのお米屋さんや裏にあるレンガ蔵、そして少し路地に入ると
    昔の遊郭だったと言われるところにレンガ塀が残されています。
    レンガ好きとしてはそこに注目です(^_^;

    縁切榎は和宮が本陣に入る際にここを嫌って迂回したと言う話が残されています。
    そんな歴史はおいておいてもお願い事は読むと色々ありますよね。。。

  2. BigDaddy | URL | -

    > たくあん さん

    新宿2丁目界隈は流石に宿場町の面影はないでしょうねぇ(笑)。新宿、内藤町、名前だけが残っているかつての宿場町ですねぇ。

    板橋にお住まいでしたか。撮影した日は時間がなく、仲宿だけを歩きましたが、板橋宿って物凄く長いんですねぇ。この日は仲宿からどう歩いたか良く判らないのですが、十条に出ましたねぇ。今度は、ちゃんと全部歩こうと思っています。上板橋の方も街道っぽくて面白いんですよね。そっちまで足を伸ばせれば・・・。

    本陣跡は探したんですが、判りませんでした(笑)。看板見落としましたね。レンガ、そう言えば、本陣跡近辺だったと思いますが、なんか超~お金持ちの大きな家があり、そこが古いレンガ塀でしたが、この辺が遊郭の跡だったんでしょうか。縁切り榎、ホント、腰痛おさらば祈願をしたいです。先週から酷い腰痛なんです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)