にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

コンポジット、なるほど万能でない時もあるのね

2012年12月30日 00:00

昭和の廃屋

昭和の廃屋

Pentax K-5, Sigma AF17-70mmF2.8-4OS HSM

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



本当は今日もレンズネタで、「単焦点レンズだけでお散歩ってどうよ?」、そんな内容にしようと思ったが、次のネタが2013年元日でしょう、そこで使う写真が廃墟写真なので流石に元日らしくないと感じ、元日掲載予定のネタを急遽年末最後のネタとした。

今日の写真をご覧になれば判るでしょう?、元日向きじゃないって事を(笑)。まぁ年末に掲載するような写真でもないが・・・。

コンポジット、加算平均合成、この言葉をご存じない方は是非とも以下の以前のネタをご覧になって頂きたい。

コンポジット法でノイズを消しちゃおう!
コンポジット法でノイズを消しちゃおう! その2 Ricoh GX100編
コンポジット法でノイズを消しちゃおう! その3 Pentax K-7編
コンポジット法でノイズを消しちゃおう! その4 Pentax K-5編
コンポジット法でノイズを消しちゃおう! その5 まとめ
コンポジット法でノイズを消しちゃおう! その6 fusionを使う
コンポジット(加算平均合成)から面白い事が判った

これらを踏まえて!。

高感度が強いPentax K-5でほぼノイズレスになってくれのはISO9000まで。その半段上のISO12800からはどうしてもノイズは残ってしまう。とは言え、ISO12800~25600はA3プリントに耐えられるくらいにノイズは減る。そしてISO51200は風景によっては使える、掻い摘んじゃうとそうなるが・・・。

あれから色々と試し、判った事がある。Pentax K-5において、「ISO12800、F5.6、1/15sec」、これがある程度納得出来る画質の限界である事。これは「EV2」と言う明るさであり、皆さんご自宅で試されれば判ると思うが、かなり暗い。「どこかからほんのちょっと明かりが漏れている電気を付けていない玄関」ってこれくらいだろう。

これはどうやらISO感度が1段くらいの上下はほとんど関係なく、EV2からEV1になった途端にノイズを消して、鑑賞に堪える写真に加工するのは難しくなる(プリントしたらA3でギリギリ鑑賞出来るくらいか)。EV1の「ISO12800、F5.6、1/8sec」とか「ISO6400、F8、1/8sec」でも厳しくなる。

上記リンクではISO6400なんて簡単にノイズが消えるぜ!、と書いたが、「EV1であるISO6400、F4、1/8sec」ではノイズはある程度消えてくれるけど、「EV0のISO6400、F4、1/4sec」になるとノイズは軽減出来るが、期待した程消えてくれないって事になる。結果、ISO感度を物差しにするのでなく、、、

「EV1以上の明るさならある程度のノイズを消えてくれる」

と考えるべきなのかもしれない。勿論、ほとんどのカメラマンはEV値をISO感度、絞り、シャッタースピードに瞬時で変換出来る筈も無く、目安として・・・、

「ISO12800、F4、1/15sec」

これがPentax K-5の限界だろう。最低限の被写界深度を稼ぎ、手持ち撮影でもブレない限界、これが「F4の1/15sec」であり、これに「12800」と言う数字を覚えるだけ。さらにPentax K-5の場合、ISO感度の上限を設けられるので、最高感度をISO12800に設定すれば良い。

K-5ではISO25600でも10枚合成すれば使えるが、それはあくまでもEV1以上の明るさを持つ風景に対して。例えば「ISO25600、F5.6、1/30sec」は「EV2」に該当するので、ISO12800から25600への感度の差はさほど関係なく、ある程度のノイズを消せちゃうのだ。

但し、ノイズはシャドー部が一番目立つので、EV1以上の露出で撮影しても、構図中にはEV1未満のシャドー部があり、ノイズはどうしても残る。レタッチで焼き込めばノイズには気にならなくなるが、シャドー部のディテールをしっかりと残したい場合は、その部分にノイズリダクション処理を施すしかない。

要するにわざと露出を切り詰めたりしたローキーな写真などは撮影時の露出がEV1以上であっても、構図中の多くがEV1未満であるので、ノイズが多く残ってしまう。

ISO25600でもEV2なら大丈夫、でもISO感度の上限は可能な限りISO12800にするべきだろう。写真をコンポジットする際、1枚でもピンボケ、ブレ写真があったらノイズは減っても写真のクオリティが低くなるどころか、使えない代物と化す。

そしてISO25600はノイズ量が多過ぎて、複雑な風景の場合、素材の1枚1枚でピンボケやブレをしっかりと確認出来ない。だからISO25600で1/30sec出せても、素材としてはISO12800で1/15secで撮影された写真の方が有利と考えても良い。

次にオートフォーカスについて。Pentax K-5は確かEV1までオートフォーカスが可能だったと思う。しかしこれが問題で、常にEV1の風景でAFが正しく動作するとは限らない。

AF補助光が灯っていても、風景や装着しているレンズによってピントリングが行ったり来たりで全く合焦しなかったり、合焦マークが付いたからシャッターを押したのに自宅で見てビックリ仰天、そんな時もある。

先日までPentaxから借りていたDA35mmF2.4AL、これが暗所ではほとんど合ってくれなかった。上述のEV1、ISO12800、F4、1/15secの風景では合焦マークが付いたのに関わらずピンボケ。片や、Sigma 17-70mmF2.8-4で同じ風景を撮影したところ、100%ではないにせよ、50%以上の確率でジャスピンだった。

レンズとシチュエーションよってはEV1の風景は全滅、上手く行ってもせいぜい70%止まり、これを考えるとK-5II、K-5IIsは魅力的だ。EV-3(EVマイナス3)まで測距が可能と言うから、恐らくほとんどのレンズでISO12800、F4、1/15secでの撮影に耐えられるのだろう。

K-5II、IIsの仕様が発表された時、EV-3の風景でAFが合焦してくれたとしてもそんなシチュエーションで撮影する事がないから意味がないと言うカメラマンもいたが、そうじゃないよね。EV-3でAFが使えるのなら、EV1ならさらにサクッとピントが合う。そして廃墟を撮影するカメラマンはEV1が当たり前の世界だから、K-5II、IIsは願っても無い廃墟カメラなのだった。

廃墟好きな私としては是が非でもそんなK-5IIsが欲しいところだが、廃墟だけの為にカメラを買い換えるってのもどうも納得が行かない。K-5II、IIsは旧K-5よりも遥かに良いカメラであろうが、旧K-5の欠点もそのまま引き継いでいるカメラでもある。

旧K-5で誰もが改良を望んでいる欠点はSDカードへの書き込みスピードだろう。下位機種のK-30よりも遅いのだから・・・。

そしてコンポジットの場合、ISO12800ならば8~10枚の合成を必要とし、しかもRAWで撮影するので、2カット連続で20枚を切るとバッファフルになり、バッファが開放されるまで(カードへの転送時間、Sundiskのclass10でも)15~30秒の待機を強いられる。廃墟で20カット撮影したら、そのうち3~5分はカメラのせいで何もしない時間が存在するのだ。

たかが5分と言う無かれ。廃屋探訪は1分でも早く撤収したいのが心情。特にEV1くらいの暗さだと、カメラを見つめて30秒待つ、お化けなんて信用していない!、なんて人でもちょっとはビビッてしまう筈だ。

恐らくNikonやCanon、Sonyらの最新機種はUHS-I規格に対応しているだろう。UHS-Iなら100MB/secの転送が可能だから、半分以下の待ち時間で済む。でもK-5II、IIsは対応していない。次の機種ではUHS-I規格対応は当たり前だからどうしても買い換える気がしない。

最後に、色々と暗い風景の中、コンポジット前提で写真を撮っていて一番ありがたいと感じたのは・・・。

実はISO12800やISO25600が使える事よりも、ISO1600~ISO6400でノイズレスの写真を作れる事にあった。幾ら高感度が強いK-5でもISO1600を越えるとノイズが出てくる。撮って出しのJPG写真でも、RAWから現像しても、必ずノイズリダクション処理を通さなくちゃならない。

コントラストが低い風景ではISO1600であったとしても、ちょっとノイズリダクションを掛けただけで眠い像になってしまい、A3程度のプリントでは気にならないにせよパソコン上で等倍で鑑賞しちゃうと、うーん?、と首を傾げてしまう自分がいる。

そんな時でも4~6枚シャッターを切り、コンポジットすれば、ISO800以下で撮影したようなノイズレスの風景が完成するのだから、制限無く高感度ISO使える、これは撮影中でもパソコンで鑑賞中でも精神衛生上とってもありがたいのだった。だから今はISO1600に感度が上がっただけで4枚連写を心掛けているのだった。

本日の写真はISO12800、F5.6、1/30secで、EV3の風景。EV3だったらノイズは簡単に減らせるが、ご覧の通り、シャドー部がやたらに多い構図で、恐らく半分以上の面積でEV1未満の明るさだろう。となると10枚をコンポジットしてもシャドー部のノイズが意外と醜かったりする。

勿論、A3くらいのプリントならなんら問題はないが、どうしても等倍で確認したくなっちゃって、「わぉっ!」な世界に突入する。こういう風景はもっと露出を掛けた方が良いのだろう。

シャッタースピードを1/15secにして+1EVになれば、等倍でもある程度納得出来る像になったろうし、レンズの焦点距離は17mmなので、頑張れば1/8secでも撮れる風景、+2EVの状態の風景を素材としても良かったのだろう。

※明るめに撮影した風景を現像時に露出を切り詰めて暗くする方がノイズレスを作り易い


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. ゆたか | URL | LkZag.iM

    良いお年を。

    今年もたくさんの情報をありがとうございました。

    来年もよろしくお願いいたします。

    良いお年をお迎えください。

  2. BigDaddy | URL | -

    > ゆたか さん

    明けましておめでとうございます。今年もどうぞ宜しくお願い致します。

    さて、今年は・・・、今年は機材を増やす予定はなく、カメラネタは減っちゃうかもしれません(笑)。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)