にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

飯能散歩

2013年02月24日 00:00

旧南川小学校

旧南川小学校

Pentax K-5, Sigma AF17-70mmF2.8-4OS HSM

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



お散歩写真にせよ、ドライブ、旅行で郊外で写真を撮るにせよ、あまり目的を絞らないようにしている。だから、廃墟が大好物の癖して、廃墟を目指してどこかへ行く事はほとんどない。が・・・、2月初め、久々に廃墟を撮ろうと現地に赴いた訳だが・・・。

東京に住んでいるから大規模な産業遺構に廻り合うなんてほとんどない。府中の元米軍基地だとか、奥多摩ロープウェイ、少し足を伸ばせば千葉には行川アイランド、埼玉にはあのニッチツがあったりと日帰りでも廃な探索を十分堪能出来る。

ただ、どうもあまりにも有名になり過ぎた産業遺構となると、モチベーションが上がらず、所詮、北海道や九州の産業遺構の規模の大きさを知ると一気に撮りたい度が落ちてしまう。インターネットの個人ブログから廃墟散歩しているとため息が出ちゃう(笑)。

だから近頃は産業遺構を目指すよりも昭和家屋、由緒正しい木造建築?、廃屋に焦点を当てている。しかもその手の廃屋は都内にもあるし、ちょっと郊外へ観光ドライブしても国道沿いに崩れそうな家屋を簡単に見つけられちゃうし、関東近郊には廃集落も幾つもある。

少し前、懐古istさんが運営されているブログ、懐古ismにて、埼玉は飯能の風景が掲載されており、それが私が好む、昭和廃屋、えぇ!、飯能周辺は時折通うが(正丸周辺に)、まだそんな廃屋長屋群が残っているんかいな!。

そんな訳で1月半ば、ちょうどセメント工場と引込み線跡を見ようと飯能近くに行く予定があったので、そのついでに廃屋も収めようと飯能をウロついたのであった。

引込み線跡の写真

上のリンクでキャプションの通り、綺麗に草刈りされており、「えっ?、引き込み線跡なんだけど、現役の線路にしか見えないじゃないか!」とかなりガッカリしたものだから、ならば廃屋を探すしかない!。

飯能駅~入間川を適当に散策して、二箇所で立派な正真正銘の昭和建築廃屋を見つけたが、懐古istさんが掲載されていた規模とはちと雰囲気が違う。

飯能で見つけた廃屋群の1つ

そこで、もう一度、2月初めに訪れたのだった。ところが前回歩き損ねた路地と言う路地を幾ら歩いても見つからない。午前中1時間以上歩いて成果なし。

何の成果も無く歩き続けると疲労度が激しい。昼を大幅に過ぎていたので、観光マップに掲載されていたとんかつ屋さんでランチ。その時、市内の地図を眺めていたら、隣にいたおっちゃん二人組、「どこへ行くのかい?」と尋ねるから、これこれこ~で廃屋コレクションをしているなる話をしたところ・・・。

おっちゃんの一人は飯能で観光を生業とし、もう一人は行政から委託もされる大工さん、どちらも飯能では知らない人はいないらしい。そしてこっちの席で一緒に地図を見てくれ、「今はもうほとんどないねぇ、あるとしたらこの辺りかなぁ」と、幾つか指差してくれる。

でもそこは1月に見つけた場所であり、これ以外に崩れかけた廃屋群がある筈なのだがと尋ねると、今度は駅周辺の生き字引と言われている方を紹介してくれた。いやぁ、とっても良い人達だぁ!。普通、廃屋の場所なんて教えてくれないよ。飯能にはちゃんとした観光地が仰山あるのだから(笑)。

彼らに礼を言ってその生き字引氏に会いに行く。ところがその方も「いやぁ、もうほとんど残っていないよ」、色々とありそうな場所を示してくれたのであるが、結果、全滅。ある場所ではここ数ヶ月の間に整地されたような空き地になっていて、うーん、多分ここにも幾つか廃屋があったんだろうなぁ。

「国道沿いにもあった」、そんな情報も耳にしたので、駅から遠ざかって国道を目指す。しかし古い家並みがあるのだが、いわゆる廃屋が無い。うーん、駄目な時は駄目だね!。

不思議なもので、冒頭に書いた通り、普段は行き先だけ決めて、無目的、行き当たりばったりのお散歩写真、でも必ず良い物件が見つかり、興奮して家路に就くのだが、廃屋を撮るぞ!、と勇んで出掛けると何の成果も無い。これぞマーフィーの法則か?。

しかもその時点で100コマもシャッターを切っていない。おいおい、飯能まで来て100枚撮らずして帰るのか!。ガソリンと高速代を払ってダイエットの為にウォーキングをしているようなもの、それって100円ショップに入って何も買わずに店を出るのと同じくらい悔しい。

しょ~がないので、春に訪れようと思っていた廃校を尋ねる事にした。ここは有名なので名前を明かしても良いだろう。「旧南川小学校」である。ちなみに北には「旧北川小学校」もあり、対で撮影するのが廃墟マニアの一般常識。

そう、良く正丸周辺に行くってのはこういう廃校やその周辺にも廃屋が幾つかあるのを知っているからである(勿論、せっかく正丸に行くのだから峠散策や手前の吾野宿散策も兼ねて)。

この二校は廃校と言っても市が保存管理しており、年に何度かイベントで使われているようだ。春には桜祭りでも開かれるのだろうか?。だから朽ち度的にはポイントは低く、廃墟と言うよりも文化財。でも旧校舎は明治時代の物との事で、両校とも古き良き日本の木造建築を拝めるので、廃墟好きでなくても吾野宿の町並を含めて訪れるのも良いだろう。

※吾野宿と言っても観光宿場町ではないので、食事は西武線の駅周辺で頂くべし

そんな訳で何とか228コマ撮影し家路に就いたのだが、郊外へ出て300コマ行かないのは不完全燃焼。そんなこんなで愚痴っていたら、上述の懐古istさんから「この辺りにあるよ~」と情報を寄せて頂き、近々、また飯能に行く事になりそうだ。

春になったら旧南川小学校から西に車で1時間くらいか?、白岩と言う地区があるのだが、そこの山間部に廃集落があり、そこを訪れようと思っていたから、その前に2度も行って拝めなかった飯能の廃屋群、まずはこれを撮らねばね!。

地図で見ると近くに現在も稼動している鉱山があるので、周辺を散策、さらには吾野宿、旧北川小学校へ・・・、そんな行程になるだろう。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. ふみ | URL | /.OuxNPQ

    この写真を見た瞬間に飯能だと分かりました。もう15年以上前ですけど一度ここに行ったことがあります。一回行っただけなのに覚えてたのはやっぱり特徴的な風景だったってことですね。

  2. BigDaddy | URL | -

    > ふみ さん

    連投ありがとうございます(笑)。

    ここは里山と言うよりも集落って感じの町のてっぺんに位置していますので、当時も目立った存在だったでしょうね。平成5年に廃校との事なので、15年以上前という事は廃校になって間もない時期だったでしょうから、もっと綺麗だったでしょうね。

  3. 懐古ist | URL | XVgCdbeE

    すいません、今頃になって読ませて頂きました^^;
    詳しく記事にして下さってたんですね、拙ブログまで引用頂き深謝です。
    いやぁ~そういう経緯でしたか!そこまで協力的な方が現れてくれるのも希なこと。
    すべてBigDaddyさんの人徳かと思われます^^
    しかし、そんなご苦労があったかと思うと、行くと聞いた時に事前に場所を
    告げておくべきでした。案外に簡単に見つかるだろうと思っていましたので
    道沿いにいきなり現れるあの凄まじい光景に最大限の興奮を覚えるためにも
    実際に歩いて見つけられた方がいいかもなぁと考えてしまったものですから。
    でも、それだけ地元に詳しい方がどうしてあの長屋群をご存じなかったのでしょうね。
    少し場所を離れると案外と知らないものなのでしょうか。
    山間部の廃集落もいいですね!濃い飯能の旅になりそうな予感、楽しみにしております^^

  4. BigDaddy | URL | -

    > 懐古ist さん

    いえいえ、こちらこそ様々な情報ありがとうございました。

    キーワードは「国道沿いにも・・・」、だったんですよ。地元の方は知っていて、それを教えてくれていたのに、私は国道と聞いて、反対方向に車を走らせちゃった訳です(笑)。実際に、飯能の先、吾野、正丸周辺にはブログではまだ掲載していませんが、懐古istさんの心拍数が相当上がるような廃屋が結構あるんですよ。ですから、その手前に例の風景があるもんだと勝手に解釈しちゃったんです。

    山間部の廃集落はもうちょっと暖かくなったら訪れようと思っています。そもそも今、強烈な腰痛で山歩きは厳禁なもので(笑)。まぁ二度手間になるので、懐古istさんがご覧になった風景もその時に見に行こうと考えています。

    その他、鍵の件、了解しました。

  5. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  6. BigDaddy | URL | -

    > 鍵コメさん

    問い合わせたところ、今は地元集落の自治体が管理しているそうで、原則的に非公開だそうです。何かのイベントの際に、内部撮影も可との事でした。

    廃村、そうですか、ファーストコンタクトだったんですね(笑)。ちょっとまだ判らないのですが、今年度の有給を来週くらいに使わないと勿体無いので、超大型連休が待っていて、腰の具合が良ければ、トロッコ軌跡と合わせて登ってみようかと思っています。とにかくあの手の場所は山ビルが出る可能性があるので、完全な春になる前に行きたいと思っているんです。

  7. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  8. BigDaddy | URL | -

    > 鍵コメさん

    春を越えると山ビルも嫌です。あそこら辺には出そうにありませんが、鹿がいるって情報があり、鹿=ヒルですからねぇ(笑)。一応、今月下旬に有給休暇消費旅行でその辺に行こうと思っていますが、やはり腰の状態ですね。こればかりはどうにも・・・。

    駐車場の情報どうもです。ここは以前確認を取ったところ、実は突き当たりの企業の駐車場、ここが利用出来るらしいんです。企業内の軌道見学として。ただ、その時は休日の話をしていたので、平日も可能かどうかはちょっと判りませんから、再度問い合わせしようと思っています。

    それよりも秩父のあの超有名某鉱山。腰の状態が良ければそこまで足を伸ばそうと思っていますが、郵便局に止めるか、施設の駐車場に止めても良いのか、ちょっと不安がありますね。以前本社に確認取ったら、駐車場は駄目って言われたんですよ(笑)。まぁさほど交通量が多い場所ではないので、広い場所なら大丈夫だと思っていますが。

  9. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  10. BigDaddy | URL | X.Av9vec

    > 鍵コメ さん

    おお!、某鉱山の情報、ありがとうございます。Google Earthで色々とチェックしていて、どうしようか思案していたのですよ(笑)。いやぁ、持つべきものは同志ですねぇ!。感謝です!。時にあそこの廃校もすでに管理が秩父市になって、どうにもならんようです。いずれ整備して南川、北川のように文化財として残すようですけど。

    それと廃村に行く際の付き当たりの企業の駐車場。本日問い合わせしたところ、駄目ですって。うーん、以前は大丈夫だったのに・・・。と言う事は、何か問題があったのかもしれませんね。そもそも企業名が変わっていたので、新しい体制ではハイカー含めて不可にしたのかもしれません。

    ヒルに火、これ何かの映画で見ました。実践した事はないんですけど(笑)。でも火が一番みたいですね。ヒルは持って帰っちゃ駄目ですから、最終的には処分する事になり、だとすると火でしょうね。かつて1度だけヒルにやられて、その時は、体を冷やす為に買ったアルコール主体の液体をシュッシュッしたら勝手に落ちてくれましたねぇ。

    それにしても本当に鹿さんがおったとは(笑)。まぁ足尾にもシカとカモシカ両方いますし、鹿がいなくても観光地化している碓氷峠のアプト道から山へ分け入るといますしね。とにかく虫と得体の知れない植物は大の苦手、廃墟マニアにとっては致命傷です(笑)。


  11. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  12. BigDaddy | URL | -

    > 鍵コメさん

    再び情報ありがとうございます。

    廃校は建物が市の管理になったのが今年の1月で、土地そのものは鉱山の物という不思議な状態になっているようです。まぁ建物が市の管理になったと言う事は文化財として保護する筈ですから、いずれ土地も譲り受けるのでしょうね。

    さて行けるとしたら地図で言えば下から上に向かうので(郵便局側から)、xx寮は一番上の方だったと思うので、xx寮が駄目でもまずは車で一往復して見て止められる場所探します。ずっと前に一度だけ撮影が主目的でなく立ち寄った事があり、その時は郵便局のちょっと先に止めたような記憶があるですよね。多分そこが鉱山の駐車場だったのかと(笑)。

    一応4時間くらいを探索にあてるつもりですが、あとは天気ですねぇ。春の天気は気まぐれですから。雨が降ったら、予定変更で来年までおあずけとなりますです。本当は鍵コメさんのような現地をご存知の方と一緒に行けたら面白いとは思いますが、行くのが平日になると思いますもので(笑)。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)