にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

サブシステム

2013年03月02日 00:00

山間の現場

山間の現場

Ricoh GX100

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポッ プアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



ブログや価格.com等で「本気撮りにはxxxを使って、気軽なスナップにはyyyを使う」なんて表現が至るところで見る事が出来る。要するにメインシステムにサブシステムって事だが・・・。

私がカメラを握る時は常に本気撮り。これが、昨年、一昨年とマイクロフォーサーズカメラを買うぞ!、と何度も本ブログで述べていたのに関わらず、結局今も尚、何も買っていない事に繋がる。

フィルム時代と違ってカメラを美しい工芸品として持つ喜びは皆無になった。かつてはお散歩写真において、Canon NewF-1AE、Pentax LX、Contax RXやAXとその日の気分によって使い分けてきたが、デジタルカメラは写真を撮る為の道具でしかなく、となるとサブシステムの候補として、同じような性格を持つカメラを持つ必要性を感じない。

135センサーを持ち安価なのにそこそこの性能を持つNikon D600がいいなぁと思ったり、オールドファッションのFujifilmのX-E1をカッコ良く感じ、はたまたSonyのNex-7は斬新な操作感があり、Olympus OM-D EM-5は超高感度域を除けば理想のお散歩写真カメラ。

どれも非常に興味あるカメラには違いないが、Pentax K-5とどう使い分けるか、それを考えるとサブシステムを構築する程の魅力を感じない。

中判フォーマットを除き、ミラーレスを含むデジタル一眼のセンサーの大きさ、135、APS-C、フォーサーズ(マイクロ含む)はそれぞれ性格が異なるであろうが、大枠で見ればほとんど同じ。

私がセンサーに求めるのは超高感度域のノイズだけ。確かに135フォーマットを持つデジタルカメラは現状、それよりも小さなセンサーのカメラよりも1段以上の差が付いている。APS-CのPentax K-5はISO3200まではほぼ問題の無いクオリティを保つが、現行の135カメラはISO6400で同等をクオリティを持つ。

とは言え、それは1段の絞りの差しかなく、今この瞬間、ISO6400がJPG撮って出しでも使える!、それだけでNikon D600やCanon EOS-6Dを廃墟専用サブシステムにしようとも思わない。ノイズ耐性にK-5よりも2段上、ISO12800が使える、そんなアドバンテージがない限り、135カメラを使う理由にはならない。

今後、Sonyらのセンサー製造メーカーの技術力でAPS-Cでもフォーサーズでも同じような超高感度耐性を得られると思う。そもそも現行のマイクロフォーサーズのOlympus OM-D EM-5はISO3200が十分に使えるレベルにあると言うのだから・・・。

※パソコンにて等倍で見ると135の高感度耐性はAPS-Cより1.5段のアドバンテージを見て取れるが、A3ノビプリントを考えると1段程度の差しか見えてこない

また各メーカーのカメラも基本的な性能はさほど差は感じない。APS-Cの現行品で言えばPentax K-5IIsやK-30、Nikon D7100やD7000、そしてCanon EOS-7Dや60D・・・、少なくともお散歩写真しかしないカメラマンにとっては何を選んでも同じ。

となると1月27日の記事にも書いた通り、雑踏でもある程度周囲に威圧感を持たせない小さなカメラの方がサブシステムとして「あり」な気がしてしまう。

FujifilmのX20は2/3型、Nikonからは1シリーズとして1型センサーを採用し、前者は普及タイプのコンパクトデジタルカメラの1/2.3型の2倍、後者は3倍の面積を持ち、及第点以上の画質を誇る。

Nikon 1シリーズはボディ形状がどうにも気に食わないのが、FujiのX20は兄貴分のX-Pro1やX-E1に似たクラシックスタイルを持っており、ファインダーも単なる覗き窓ではあるが、各種情報が表示されるようになった事から写真を撮る楽しみは得られるので良いカメラなんじゃなかろうか?。

これをパソコンに置き換えると良く判る。自宅のパソコン、デスクトップタイプでメーカーが異なるだけでほぼ同じスペックのパソコンを複数購入するのは馬鹿らしいが、デスクトップに加えて、性格の異なるノートタイプやモバイルタイプのパソコンなら様々な用途を考えられる。

つまり、サブシステムってのはメインシステムと正反対の性格を持つくらいじゃないと面白味がないし、実用的でもない。しかしジレンマもある・・・。

「いつ買うか、今でしょう!」、予備校教師のあのCFは面白いが、これがX20に当てはまるか否か。2/3型、1型のカメラは出始めたばかり。このサイズが主流になるとも限らない。

一眼レフやミラーレスタイプのカメラはおおよそ技術が確立されているから専門的な特殊な撮影を除き、どのメーカー、どのタイプのカメラを買ってもさほど不満を抱かないだろう。

でもコンデジ業界は今が過渡期。一般にセンサーは(画素数でなく)面積が大きければ大きい程画質が優れていると言われており、本来なら1/2.3型カメラは役目を終えて良いとも思うのだが、まだまだ作られる気配。

現在、1/1.7型よりも大きなセンサーを使ったコンデジは全カメラメーカー含めてたったの数機種しか発売されていない。Fujifilm X20、Nikon 1シリーズ、Sony RX100、根がケチなものだから、こういう先を行っているカメラを買うのにどうにも抵抗があるのだった。

だったら1/1.7型で画質も、そして高感度特性もある程度優れていると言われているOlympus XZ-2やLumix LX7なんかどうだい?、そんな選択肢もあるが、コンデジ業界が過渡期にある今、安くなったから買っちゃった!、これも後悔する気がしちゃう。

※加えてXZ-2とLX7は電子ファインダー(EVF)を合わせて購入するとお買い得感が皆無になる

と言うのも、インターネットの各種レビュー記事を見る限り、1型のNikon 1シリーズの画質がびっくりするくらい優れているのだ。画質だけで選ぶのだったら2/3型よりも一回り大きな1型センサーの方が当たり前だが強い。特に高感度耐性、ISO1600なんてへっちゃら、画像処理エンジンも優れているのだろうが、これはカルチャーショック。

そう、デザインで選ぶのなら(レンズ一体型だし)FujifilmのX20以外考えられないが、画質だけを見ると1型タイプじゃないときっと撮影後に不快になるだろう。しかもCanonにはG1Xと言うフォーサーズよりも大きな1.5型のセンサーを採用しているコンデジだって存在している。

そう、まさにコンパクトデジタルカメラ業界は群雄割拠の時代に突入しているのだ。また、我がPentax、Ricoh軍が今後どのような展開を見せるか・・・、結局はここなんだな。関係者に聞くと両社のすり合わせがようやく終わったとの事で、今年後半から来年に向けて、きっと魅力的なカメラを出してくれるに違いない。

そんな訳で、私のサブシステムはシーラカンスカメラとなりつつあるRicoh GX100をもうちょっと使う事になるのだろう。と言う事で本日はそのGX100で撮影されたコマを用意した。負け惜しみでしかないが、ISO80、ISO100の画質に限ってはまだまだ十分に使えるレベルにある。

場所は栃木県足尾近くのダム建設現場。こういうアメリカ~ンな風景大好き。ここに到達するまで1時間以上、猛暑の中を歩き、まぁヘトヘトだった。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. ゆたか | URL | LkZag.iM

    こんにちは。

    私の場合は、気軽なスナップが本気ですので(笑)。

    昨年末から機材の整理をしていて、最後に魔がさしてE-PL3を買ってしまいました。

    もともとT3やクラッセがちょうどよかったので、元に戻った感じです。

    安くなったVF-3は、E-PL3(5)と相性がいいですね。

    ファインダーと液晶の両方がチルトしますので、中高年向きのようです(笑)。

  2. BigDaddy | URL | -

    > ゆたか さん

    K-5で満足している現状、近頃はあまり物欲なるものがありませんねぇ(笑)。ただ、ゆたかさんが書かれたVF-3の値下げ、これを知ってしまったので、若干ですが(ホント、ちょっとですよ(笑))、再びフォーサーズ熱が出てきそうだ、なる兆しがありますか。

    小ささを考えるとむしろPEN mimiとかでもいいかなぁと思ったりもします。まぁフォーサーズの場合、新しい方が優れていますから、ゆたかさんのE-PL3は賢い選択だったんだと思います。fujiのx20も魅力ありますから、とにかく小さなカメラ、色々と考えます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)